2017/07/24

行きたくないけど

派遣先に行くと。Dさんが「仕事の話じゃないんですけど…」と話しかけてきた。アチキの歓迎会をしたいと。「いいです、いいです、派遣ですし」と断ると「イヤ、うちの会社は新人・中途・派遣関係なく、歓迎会を開くんです。だから気にしないでください」と。うへーーー。面倒くさいよ~(涙)。ただなぁ、毎日パソコンに向かって黙々と作業してるだけなので、ほとんど会話しないのよね>アチキ。たま~に電話取って「○○さーん、お電話です」と取り次ぐ程度。今はまだ引き継ぎ作業中でもあるので、関係者に質問とかあるけど、覚えてしまったら本当に誰とも話さず1日を過ごすかもしれないし。だったら長いもんに巻かれて、参加して多少話せるようになっておいた方がいいかもなぁと、らしくなく参加表明。多分、今断るときっと次回企画されちゃうだろうし。

2017/07/23

耐えられない

日曜日の天神は出かけるもんじゃない…とわかってはいるけど、どうしても出かけなくちゃいけない用事があったりするとね。バスも混雑、どこもかしこも混雑。ちょっと歩くと汗だく。しんどくてたまらん。アチキはやっぱり博多駅付近が落ち着く。ま、博多駅付近も混んではいるんだけど、天神ほどではないし。ってか、本当に夏はダメなり(涙)。食欲もなし。この夏、乗り切れるのかが心配。

2017/07/22

デュランデュランが!

ちょっと~!デュランデュランが来ちゃうじゃーん>コチラ。9年前の来日は行けなかったのか、行かなかったのか。とりあえずアチキのデュランラストは2003年のZepp Fukuoka。観たいけどド平日(涙)。しかし、チケット高いなぁ…。2003年のチケット見たら、8,500円だったよ(爆)。でも、観ておきたいんだよなぁ。でも、派遣先勤め始めたばっかりだしなぁ。うおうおうおーっ。

でも、何かライブを観た記憶があるなぁと思ったら、映画を観たんだった>コチラ。2年前に観てた。ああ、どうしよう(悩)。

2017/07/21

ハクソー・リッジ

気になっていたけど、観ようかどうしようか迷っていた映画。キャナルシティの映画館は会員になると毎週金曜日1,000円で観られる。後悔するの覚悟で観に行こうと決めて>「ハクソー・リッジ」(予告編が流れるよ)。前に書いたことあるけど、どうも沖縄戦に関しては腰が引けて。しかも海外製作っていうと、ただただ日本人が悪く書かれてるだけの映画なんじゃないか?なんて思ったり。でも、そういう映画もちゃんと観るべきだという気持ちもアリ。

ところが全然違った。愕然とした。戦争うんぬんというよりも、アメリカにこういう人間がいたのだと。第一次大戦で闘って負傷した父親の下に育ったデズモンド。自ら志願して兵士になったんだけど、武器を持つことを拒み、負傷した兵士を助ける衛生兵を希望する。「武器を持たない」という信念を軍隊の中で貫くというありえない状況。映画観始めて、自分のブレブレな生き方が恥ずかしくなった。これが作りもんじゃない、実際に居た人間だということを知るとますます落ち込む。

戦闘シーンはすごくグロいし、それが異常に長い。お恥ずかしながら、この戦闘シーンで涙止まらず。何だろう、何で人間って戦争しちゃうんだろう。誰も喜ばない、誰も幸せにならない。残るのは「苦悩」。くだらない、バカバカしい。ただね、世の中で」乱暴に「戦争反対」って叫ぶのもどうかと思うワケで。それで歪みが生まれちゃってる気もするんだよ。

気になったのは告知などであまり沖縄をオモテに出してないところ。調べてみたら、沖縄への配慮らしい。でも、このハクソー・リッジ(前田高地)のある浦添市では市役所のホムペに映画のことを掲載している>コチラ。この映画をキッカケに訪れる人も増えたらしい。

久々に映画観て、いろんなことが頭を駆け巡った。映画を観ることは好きだけど、それを「観て観て!」とオススメはしないようにしている。好き嫌いは人それぞれだしね。でも、これは機会あれば観て欲しい。ただ、本当にグロいとこが多いので、それが苦手な人は止めといた方がいいかも。とりあえず今の時点で、今年のNo.1映画だわ。

2017/07/20

世代の違い

今日ようやく保険証が届いた。国保から健保に。週30時間勤務だと健保・厚生年金に入れるのだよ。アチキは派遣先で6.5時間勤務。やっぱね、保険料全額負担は痛い。がっつり収入があれば別だけどね。細々と暮らしているもんでね。

6.5時間勤務はかなり快適。あっという間に過ぎる。今週は少々忙しくて残業してるけど。で、保険証を受け取ったついでに派遣元のOさんとお話。正直に、作業が多すぎて覚えられるかが不安と話したらOさんも不安げな表情。更新は3ヶ月なんだけど「更新時まで持たないとか?」と聞かれ。「多分大丈夫だと思います」というフワッとしたアチキの返事がいけなかったんだろう。ますます不安な表情のOさん。

別に辞めたいってワケでもないけど「私、この会社で頑張ります!」という強い意志もなく。とりあえず目の前の仕事を黙々と片づける。いつの日か「辞めたい」という気持ちは起こるんだろうし。例えば、自分の病気とか親の介護で辞めなくちゃいけない時もあるんだろうし。そんなこと踏まえての「多分大丈夫」なんだけど、Oさんにイマイチ伝わらないのはジェネレーションギャップなのかなぁ。

2017/07/19

ちょうど

今日もちょっとだけ残業>派遣先。夏なこともあって、疲れ気味。いつの間にか勤めて1ヶ月が過ぎていた。仕事に慣れたのか慣れてないのか、よくわからないまま突っ走っている。緊張が続いてるのが少々しんどいところか。ああ、旅に出たい。遠くにね。飛行機に10時間以上乗りたい。

2017/07/18

残念なこと

派遣先で初めての残業。といっても1時間半。リーダーから「大丈夫ですか?」と聞かれ。仕事が重なったし、初めての作業も多かったので上司には「少し残ります」と言っておいた。でも、もっと遅くなると思ってたので早めに終われてよかった。明日も少々残業する予定。早く慣れてチャチャッとできるようになりたいのう。

2017/07/17

iPhoneを使いこなす

今日は実家でのんびり。平日の祝日で、テレビをつけるとワイドショー。渡辺謙さんや松居一代さんばっかり。「コメンテーター」という職業って何だ?見ててげんなりしたので、テレビ消す。真っ当なことを言っても、それが世の中に浸透するワケじゃないのに。浸透させたかったら、もっと違うとこに行けばいいのに。

昨日、友だちの会社で。「お客さんが今度仕事でロシア行くんだって。言葉が難しくて困ってるみたい」ということで、何故かアチキが紹介され。挨拶程度でも覚えていきたいんだけど、なかなか頭に入らないと。

「スマホはiPhoneですか?」と聞く。「はい」と言われたので、いくつか便利なロシア語会話のアプリを紹介。「あと、調べモノしたい時にロシア語が打てたらいいですよね?」とロシア語のキーボードを設定。それとGoogle翻訳で画像翻訳の仕方を教える。

あまりiPhoneを使いこなしていないようで、目からウロコな表情のお客さん。ロシア語うんぬんよりもiPhoneの奥深さに感心していた。「こういうのあったらいいなと思うものを検索すれば、いろいろアプリ出てきますよ」と教えてあげた。たまには他人の役に立つアチキ(笑)。ロシア出張、頑張って。海外Wi-Fiレンタルまで教えた方がいいかなぁと思ったけど、面倒くさいので止めた。

2017/07/16

毒子

今日は朝から友だちの会社で仕事して、早めに帰宅して親の夕食を作る。一緒に食べながら「やっぱり一緒に暮らすのは無理だなぁ」としみじみ感じる。世の中にはいろんな家族がいる。産んで育ててくれたことには感謝するけど、本当に性格が合わない。ありえねー発言や行動が多すぎる。注意しても、何がいけなかったのかを理解させるのが難しくて。それで他方面から自分の親への文句を聞かされる。子どもの頃からそんな思いをずーっとしてきた。

身内で殺人事件が起こる。多分ね、仲良い家族だと「そんなの信じられない!」と思うだろうけど、アチキは「明日は我が身」だと思っている。「家族だからわかりあえる」「家族だから大丈夫」なんて絶対にない。家族間で抱えるストレスは計り知れないのだ。アチキの脳みそには「親孝行」という言葉がない。

2017/07/15

地元での仕事

実家は居間にしかクーラーがなく。自室で寝る時がクソツラい(涙)。頑張れ、扇風機。福岡の部屋はクーラーあって、寝る時はドライで2時間後オフ設定にして寝る。快適〜。月に一度の実家帰省は楽しみだけど、夏だけはちょっとツラい。かといって、わざわざ自室にクーラー付けるのももったいないし。悩ましいところ。

夕方から友だちの会社で仕事。3連休で帰省しても、親に頼まれた用事を片づけるのと友だちんとこの仕事片づけるのでいつもの帰省と変わらず。あと、親の愚痴をひたすらジッと聞くという非常にツラい仕事もあり(笑)。

「タコス食べたくない?」という友だち。「うお、食べたいっスねぇ」と返すと、テイクアウトで買ってきてくれたー。エレーナのタコス最高!ここのエンチラーダも好きなんだよねぇ。あああ、ガッツリ食べたいのう>メキシカン。