2018/01/16

どうにかこうにか

ようやく仕事方面が落ち着きそうな感じ。別の派遣会社からの問い合わせがあり。希望の仕事内容で条件もなかなかよろし。なんと事前に職場見学ができるらしい。そして、同時入社が複数名いるらしく、一緒に研修を受けてから正式就業という流れ。時短で残業もほぼない黙々作業。いいぞう。あと、長期続くことを祈る(爆)。そんな中、いいタイミングで在宅仕事がちょこちょこ入ってきた。ありがたや。

2018/01/15

仲が悪い

家族間のモメゴトって面倒くさい。特に弟とは性格が真逆というか、本当に考え方が合わないというか。身内の文句を書くのはイヤだけど、書かずにはいられない。ここはアチキのはけ口(爆)。思いやりがない。自分の家族優先なのはわかるけど、あまりにも実親に対して特に思いやりがない。勝手な言い分ばかりでビックリ。遠くに住んでてよかった。近くに住んでいたら、絶対グーでパンチする勢い(おいおい)。兄弟仲がいいって人たちが羨ましいよ、本当に。もうわかりあえない。

2018/01/14

チケット争奪戦

アチキは女子だけど、実は少女漫画に疎い。弟がジャンプやコロコロコミックを読んでいたので、その系の少年漫画に走ってしまったタイプで。もちろん子どもの頃、友だちに貸してもらったり、小学校低学年の頃はたまに「なかよし」を買ってもらってた程度で(「キャンディ・キャンディ」くらいしか覚えてないけど)。読んだことはないけど、周囲で当時人気だった「ポーの一族」。それが宝塚で舞台化されることになり。宝塚大劇場のチケットは即完売。原作の萩尾望都先生もそれを絶賛しちゃったもんだから漫画ファンもチケット争奪に参戦してきたという話も聞き。トップスター退団公演でもないのに、チケットが全然取れないらしい。

地元の友だち・Hみが「ポーの一族」ファンで。Hみが「宝塚観たい」と言い出したので、チケット取りのお手伝いをすることに。大劇場のチケットは完売してるけど、東京の劇場は今日が発売日。それまでにローソンチケットの抽選先行予約があって。土日はほぼ取れないので、平日の公演を狙ったのに、第3希望まで入れたのに、見事にハズレ。そして、今日一般予約で頑張ってみたけど、プレイガイドは5分で受付終了。宝塚オンラインチケットもあっという間に終了。世の中厳しい。

アチキはこういう争奪戦に慣れてるんで別に何とも思わないんだけど、Hみはこの手のチケット取りは初めてですごく驚いてた。でも、自分が宝塚観るようになって感じるけど、宝塚は本当に厳しい。宝塚友の会に入った方がいいのか(悩)。でも、そういうのに入ってしまうとますますダメになる気がして。どんどん沼に落ちる気がして(涙)。

-----

今日はCちゃん来福で一緒にランチ。前もってお店リストを渡して選んでもらったのが「とりまぶし」。人気の店らしく12時半に行くと、外にお客が並んでた。あらら、時間かかるかなぁと思ったらテーブルの準備をしていたのか、10分程度で案内してもらえた。悩んでとりまぶし御膳にした。Cちゃんは水炊き御膳。すごく美味しかったけど、ゴハンの量が多くておなかいっぱいに。Cちゃんは30代前半の女子。会ったのは彼女が25歳か26歳の頃。年が離れているのに、何故か慕ってくれていて。可愛い可愛い。頑張れ頑張れ。

■今日のお土産
Cちゃんにいただいた柿の種!何故か大阪(笑)

2018/01/13

のんびり土曜日

在宅仕事を片づけて、家でのんびり。ゴハンは近所のお惣菜屋さんで。大好きな肝煮がなくてがっかり。別の店ではいつも買うマカロニサラダがなくて。残念の連続。

いくつか派遣会社に登録しちゃったもんで、問い合わせが結構来ている。来週あたり面接ラッシュになりそうな予感。しんどいなぁ(涙)。仕方ないか。

2018/01/12

機種変更

昨日のゴタゴタのせいで、朝から関係各所に電話しまくり。何とかなりそうだったので、急いで出かける準備して、その関係各所に出向いて手続きを済ませて何とか終了。疲れた…。

そんな中、ガラケーのバッテリーが死にそうなことに気づき。一度通話しただけで一気になくなってしまう。ひどい時は通話途中で切れるという現象が(涙)。

「えっ、まだガラケー持ってるの?」と思ったそこのあなた。アチキはiPhone(SoftBank)とガラケー(docomo)の2台持ちで、ガラケーはネット未契約で、電話受信専用。親との連絡用と仕事の連絡先として使用中。発信しても無料通話分で足りちゃうから、1,000円程度の通信費。特にフリーで仕事を受けるようになった今はこのガラケーの番号を教えているので、バッテリーが死ぬとかなりヤバい。

10年近く使ってきたので機種変更するか、とdocomoショップへ。銀行みたいに受付番号カードを取り、呼ばれるまで待つ。そんなに人も待ってないので、すぐ順番回ってくるかと思ってたら気づけば1時間が経ち。どうも各人にかかる時間が長いらしく。カード受け取って1時間半後に呼ばれた。

「スマホに変えませんか?」「家のネットとまとめませんか?」だの営業トークがダダーッと。事情を話して、今と同じような設定でガラケーをお願いした。すると基本料金が今より500円上がってしまい。ああ、仕事頑張らないと。最後に電話帳移行してもらって終了。時計見たら、受付番号カード受け取って2時間半経ってたよ…。機種変更するだけでそんな時間かかってええのか?>docomoショップ。こちらも疲れた…(再)。

疲れたので、帰る前に寒いんでちとお茶ろうと思って通り道にあったスタバへフラリ。アチキね、スタバは好きなの。サンドイッチやスイーツ大好きだし、スタッフの対応も大好き。ただね、ひとりでぼんやり座ってゆっくりすることができなくて、いつもテイクアウトしちゃう。あっ、友だちとお茶するのは平気なのよ。

とにかく落ち着かない。それを克服しようと座ってみたけど、やっぱりダメで。途中で出てきてしもて。タリーズやドトールは平気なの。ひとりでもゆっくりできるの。スタバは何故かダメで。どこの店も。なので、外で打ち合わせしてメモをまとめようとするとスタバは不向きで。ああ、ひとりでゆっくりお茶してみたい>スタバ。ってか、何でダメなんだろう(謎)。

2018/01/11

何のための確認?

派遣元のテキトーな説明を鵜呑みにしてしまった自分がバカだった…ってな感じの事件勃発。アチキを担当してくれてる青年は30代(だと思う)なんだけど、転職で人材派遣会社に入り。まだ経験も浅いらしく。

青年の説明もまとまりがなく。いちいち「じゃ、私はこれとこれをやればいいんですね?」と確認していた。少々気になる箇所はあったものの「はい、それでOKです」なんて言われたんでね。信じたワケよ。

結局その「それでOKです」はOKじゃなくて。慌てて今日の夕方青年から電話があって。実はそれが違っていたと。だから確認したじゃんよ〜。青年が修正しようとしてくれたけど理解しないまんま走り出したので「すみません、自分で確認します。あなたは動かなくていいです」とピシャリ言ってしまった。

多分ショック受けてる風の青年。ま、一度そういう思いをして二度と他の人にそんな出まかせを言うことのないよう、頭に叩き込んでくれ。詳細を書きたいけど、書いたら書いたで諸問題勃発しそうなのでフワッと書いておく。

2018/01/10

さすがイギリス

久々に元同僚とランチ。元職場近くのハンバーグ屋さんで>コチラ。ご夫婦でやってるお店で、どんどんお客さんが入ってくる。ハンバーグ美味いのう。ってか、ハンバーグ自体、食べるの久しぶりかも。Cちゃんがアチキの仕事を心配してくれていて。嬉しいのう。

レディースデイなので映画。「否定と肯定」を観た。内容はコチラ参照。結果がわかっているので、どういう風に映像化したのか、そちらを視点を置いて。リップシュタットの弁護士団が素晴らしかった。もしも、この弁護士団がドイツ人だったら、ポーランド人だったら、と考えるとこんな冷静な判断ができなかったんじゃないかと。さすが大英帝国の弁護士やなぁ。すげー気持ちいい映画だったよ。

2018/01/09

胃が痛いのにまた泣く

ちと体調不良気味。胃腸系がグダグダで。出かけるのがしんどく。仕事関係の打ち合わせが1本あったんだけど、延期させてもらった。内臓が弱るとダメね。

お布団の中で、レンタル中の「星逢一夜」を再び鑑賞。2回観ても泣く。ずびずび泣く。これ、生で観てたらたまらんなぁ。ってか、DVD(もしくはBlu-ray)で欲しいなぁ。でも、高いなぁ(涙)。誰かプレゼントしてくれ(爆)。

2018/01/08

年明け一発めは

ようやく公開>「キングスマン:ゴールデン・サークル」。前作は複数回観に行くというハマり具合で。まだまだお客が多いだろうなぁと思って3連休最終日のレイトショーで観てきた。しょっぱなからエグジーのアクションシーンで疲れた(笑)。BGMはプリンスだし(嬉)。前作でカットされてたシーンが今回入ったりして、ファンとしては感謝感激だよ>ましゅぼん

ハリーがハリーに戻った時(謎)、思わず「ハリーーーーッ!」ってココロの中で叫んでしもた(爆)。細かいところで前作がチョロチョロ関わっているんで、観たことない人は前作観てから本作を観た方がいいかも。より一層面白くなると思う。できるだけネタバレサイトは観ないようにしてたけど、偶然目に入ってしまったモノに関して「ああ、このシーンの撮影だったのね」とか、そんな楽しみ方もできた。しかし「えっ、そこでそんなことになるん?」の連続で。ましゅぼんは次回作を作りたくないんだなと思ったり。エルトン・ジョンが楽しそうだったのにウケた。もう1回くらい観に行きそうな予感。

2018/01/07

切なくてツラい舞台

今日は荷物の片づけやら、洗濯やら、派遣会社からの書類に記入したり、録画してたテレビを見たりとずーっとインドア生活。お昼ゴハン買いに出かけたくらい。楽しみにしている「キングスマン:ゴールデン・サークル」を観に行こうと思ってたけど、まだ上映スタートしたばかりで人が多そうなので止めた。でも、年明け1本めなことは確かだな。待ってろ>ましゅぼん

■今日の宝塚歌劇
前にRakuten TVで1週間レンタルできることを知り。今日1本観てみようと思って、初めての利用。どれにしようか散々迷ったあげく、宙組作品ではなく雪組の「星逢一夜」にした。まぁ様の過去作品を観たいけど、まだ「マイ・フェア・レディ」ショックから抜け出せず(なんだそれ)。この作品を選んだ理由は異常にこの作品自体のファンが多いこと、まぁ様のラスト「神々の土地」の作・演出だった上田先生の作品であること、一度早霧せいな作品を観てみたかったことなど諸々。

途中から号泣。PCの画面見ながら号泣。和物は初鑑賞。なんと子ども時からスタートする演出方法にビックリ。表情や仕草で子どもから大人を演じ分ける。ちゃんと子どもに見えちゃうのが不思議。ちゃんとその子どもが成長してこんな大人になった感を出してるのが不思議。宝塚ってこういうのもやるんだねぇ。1週間あるんで時間ある時にあと2~3回観そうな気がする(爆)。


ロンドン滞在時のアチ毎に画像やリンクをペタリ。ついこないだのことなのに、すごく昔のような感じ。またアチキはいつの日か行くのかな>ロンドン。よかったらどうぞ。

2017/12/23 クリスマスケーキを買わなかったワケ
2017/12/24 GO!GO! Goring
2017/12/25 クリスマスの過ごし方
2017/12/26 強行軍でロンドン