2017/10/20

Freedom

ここんとこ、在宅仕事が忙しく。なのに、ココロザワザワするニュースが(涙)>「ジョージ・マイケルが遺したドキュメンタリー、東京国際映画祭で上映へ」(BARKS)。数日前からこの件でバタバタと。これ、元々海外で放送されたモノで。海外のファンのツイートがTLに流れてきて「いいなぁ。日本語字幕で見るのはきっと無理だろうなぁ。あとでYou Tubeで拾うか」と思ってたところにこのニュース。うっそーん。ありがとう>TIFF。ありがたいけど、急すぎてココロと財布の準備が。

ファンとして行くのは当たり前やろと思うんだけど。ま、出費も痛いけど、めっさ仕事頑張るし。今週忙しかったんはきっとこれに行ってこいということかもしれんし。ただ、問題がひとつ。整理券が当日しか配られないこと。ネットでは予約できないこと。なので、現場に駆け付けて「整理券配布終了」が怖い。その日用事があって、早くても六本木に到着できるのが21時くらい。多分ね、そんな深夜にね、誰も観らんやろという気持ちもあり。ただ、アチキ。テキトーに生きていそうに見えるけど、ものごっつ準備していかないと行動できないタイプで。その整理券を確保できる手立てをどうにか考えないと動けないワケで。ま、最悪は現地で「九州から来たんです。立ち見でもいいから観させてください」って泣きつくけどね。

いろんな方面に動いたり、問い合わせしたり。ファンつながりのOさんと一緒に行くことになって、どうにか整理券が確保できそうな予感。TIFFスタッフのNさんがテキパキと対応してくれて。彼のおかげで整理券が確保できる道筋ができたというか。本当に本当にありがとう。会ったことない人だけどお土産でも渡したいくらいの感謝の気持ち。100%確保できるってワケじゃないけど、多分土壇場に強いアチキなんで何とかなると思う。よって、航空券と宿を予約。1泊2日の東京旅。楽天ポイントとクーポンがあったので、それで少し旅費が浮いた。ありがたや>楽天トラベル

そして、家に帰るとコレが届いてた。予約したのは昨年。ようやく届いた(涙)。これを予約した時は、まさか亡くなるなんて思ってなかった。切ない遺作。今度上映される映像も遺作。多分隣でずびずび泣くと思うので無視してくれ(私信)>Oさん。

2017/10/19

激安メニュー

派遣先終わって、自習室でI社の仕事を片づける。その合間に夕食を済ませようと、歩いてたらサイゼリヤ発見。サイゼリヤ入るのなんて何年ぶりだろ。メニュー見て「こんなに安いんだっけ?」と驚き。もしかしてちゃんとゴハン食べるの初めてな気がする…。マジマジと見ちゃった>メニュー。で、季節のメニューを選ぶ>コチラ。まぁまぁ美味いやん。プチフォッカを付けて、500円からお釣りくるなんて。すごいわ、サイゼリヤ。今度はパスタ食べてみよう。

自習室で仕事片づけて終了~。ちょっと大変だったけど、ちょっと頑張った。週末はゆっくり休めそう。よかったよかった。衣更えがまだ途中なんで終わらせないと(焦)。

2017/10/18

ちょいとバタバタ

派遣先はヒマなのだが、在宅仕事が立て続けに入ってきてビックリ。レディースデイだから映画観に行きたかったんだけど。しかたなし。2つの仕事を同時進行。頑張れ>アチキ。

2017/10/17

結果が出た

10月頭に宿題を提出した某社。合否の連絡メールが届いていた。結果は…ジャジャーン、合格~。こういっちゃ何だが。宿題自体の内容については割と自信があった。ただ、アチキの希望する条件(在宅希望)が叶うか叶わないか?が問題だった。実は、そこ。東京の校正専門会社で、福岡に進出する模様。勤務できる人ももちろん募集していたけど、フリーランスの人間にも間口を広げてくれていて、その中に「在宅可」とあったので応募したのだ。

東京在住時は校正専門だったワケではなく。経歴としては印刷物のディレクター(進行管理)の方が長い。その中の一環で校正・校閲もやるようになって。もちろん研修とかは受けたけど、特に校正の資格を持っているワケではない。そんな状態のアチキに、東京の校正専門会社が「合格」を出してくれたこと、ココロから嬉しい。これで食ってっていいんだなぁ、という自信にもなる。さっそく問い合わせ1本アリ。条件的に厳しいけど、話だけ聞いてみよう。こちらの会社の仕事が順調に入ってくると、やはり派遣先の時間を減らさないと。来週派遣元の面談があるんで相談しよう。

2017/10/16

ちょっと聞いてもらう

今日も1日雨だったね。天パークルクル。スキンヘッドにしたいって思うくらいイライラするわ(涙)。子どもの頃からの苦痛。頑張ろうね>天パーの皆さん。そんなイライラする中で、ほんのちょっと派遣先でイヤなことが。「ああ、こういう会社だったのか…」と残念な気持ちに。居心地もよくて、黙々と仕事できる環境で長く続けられそうな気がしてたのに。オモテには書けないけど、誰かに聞いて欲しいと思ってたところに、YくんからiMessageピロン。この人はいつもタイミングがいい。いや、逆にタイミング悪いのか、彼にとっては(笑)。ちょいとグチってスッキリ。すまんの>Yくん。

2017/10/15

ネコチョコ

久々にウォーキングコースに参加しようと早起きしたら雨模様。このくらいの雨だったら決行されるんだけど、アチキ自身が雨の中歩きたくない人なので取り止め。なので、部屋の片づけやら衣更えやらで引きこもり。結局ずーっと雨。明日のお弁当のおかずの材料が何にもないので、仕方なく雨の中出かける。

■今日のお土産
いつもチラシばかり入ってるので、面倒くさくてポストを2~3日に1回しか覗かない。ああ、もうすぐ選挙だから投票券が送られてきてるなと思って取り出すと大きな封筒が1通。「何だ?」と思ったらSさんからのスイス土産だった。数日前に「送るね!」と連絡があったんだった。慌ててお礼のiMessage。開けたら可愛いネコパッケージのチョコレート。スイスのチョコだから美味いんだよ(涙)。でも、食べすぎちゃいけないので少しずつ食べよう。ありがとう♪>Sさん。

2017/10/14

久々にドイツ映画

夢見が悪くて早起き。でも、その夢はすぐ忘れてしもて。せっかくの休みなのに、何だか損した気分。朝ゴハン食べたらウトウト。結局二度寝やん(爆)。急いで仕度して映画館へ。「ブルーム・オブ・イエスタデイ」鑑賞。主人公2人がホロコーストの加害者・被害者の孫という設定。その2人が恋におちるというラブコメ。ホロコースト以外にもメンタル面とか家族が抱えた問題とかすごく背景が重いんだけど、軽いタッチで描かれていて。斬新な映画だった。ヒットしたのもわかる気がするけど、クレームあっただろうなぁと少々心配に。少しだけサイモン・ウィーゼンタール・センターのことが触れられてるシーンがあるんだけど(多分)、そのセンター員の描かれ方がものすごく軽い営業マンっぽくて。ああ、金持ってて余裕あるんだなぁ、と。そういうイメージがあるんだなぁ、と。ホロコースト研究している教授の部屋にはナチス幹部たちの写真がベタベタ貼ってあって、有名な幹部の写真もあってよりリアル。でも、ラブコメなんだよ、これ(爆)。ラブコメなんだけど、リガに行ってみたくなった。行ってみたい場所のひとつではあったんだけど、この映画でグググッと順位が上がった。

2017/10/13

おそば屋さん

T社に勤めていた頃。定年後に嘱託で勤めていたMさんと仲良くしてて。そのMさんが来月末で契約満了で辞められるらしく。「なおさん、送別会来てくれませんか?」と幹事役のUさんに誘われ。すごくお世話になったし。Mさんの奥さまが作るお赤飯大好きだったし。アチキが辞める時にちゃんと挨拶できなかったし。「一度飲みに行こう」と言われながらも行けてなかったし。なので、その送別会に参加しようと。

で、Uさんから「お店どうしよう?」と相談を受け。2人でいくつかピックアップして、下見しようということになり。さっそくその1軒めでおそば屋さんへ。T社から近いのと、イイ感じのコースがあることなど、割と条件がよくて。予約の電話入れた時もお店の人の対応がすごくよくて。Uさんに「お店の人もイイ感じだったよ」と報告。

平日夜しかやってないおまかせコースというのがあって。お値段もお手頃だし、どういう料理が出てくるのか見るにはコースがいいかも、と思ってそれを注文。ドリンク1杯・前菜3種・玉子焼・天ぷら4~5品・ミニそば(温冷選べる)・甘味という流れ。これが全部美味しくて。前菜にお店で作っているという燻製チーズがあって。これが超美味くて。玉子焼のだし味もちょうどいいし、天ぷらサクサク。おそばは手打ちの十割そばの細麺タイプ。冷たいおそばで食べたけど、これ多分あったかい方がもっと美味い気がする。冷たくてもめっさ美味かったけどね。甘味が鳴門金時のアイスクリーム。スイートポテトをアイスにした感じ。どれも美味くて。Uさんと「この店にしちゃう?」と盛り上がり。お店の人に送別会の相談をしちゃったり。イイ店見つけた~>コチラ。今度あったかいおそば食べに来よう。

2017/10/12

お役に立てて何より

前回のI社の仕事で。単純な校正(先方の原稿と合っているか確認する)だけでなく、少々おかしな表現を「こうするとええんじゃない?」とか、差別的表現をやんわり注意したりとか、校閲的な見方をしてて。それがI社の担当者にウケたようで(なんだそれ)。がっつり校閲の仕事を持ってきやがった(爆)。話を聞いていると、電話やメールでの問い合わせもしないといけないようで。「そのヘンもきちんと請求してください」と言われ。最近はT社よりI社の仕事の依頼が多い。T社と違ってきちんと時間に余裕あるスケジュール組んでくれるから、一切イライラしない。この校閲の仕事に引き続き、もう1本も予約アリ。ありがたや~、ありがたや~。

順調にフリーランスでの仕事が入ってくると、派遣先の時間を少々減らしたい気持ちがモクモク。減らすといっても、健康保険や年金のこともあるので、30分~1時間くらいしか減らせないんだけどね。派遣先の仕事も慣れたし。減らしても問題なかろうと。次回更新時に相談してみよう。

2017/10/11

頑張れハリー

デュラン・デュランのライブ観てから。観ておけるもんは観ておこうと。自分の体力と財力が続く限り。でも、もうポールの武道館は勘弁してくれ(爆)。ブルーノ・マーズは相当悩んでるけど「絶対行きたい!」という強い思いまで届かず。ほんのちょっとチェックしてるのがハリー・スタイルズ。ワン・ダイレクションのモテ男だね。彼がデビューするキッカケになったのがこの映像>コチラ(You Tube)。スティーヴィー・ワンダーの"Isn't She Lovely"をアカペラで歌う。そして、同じオーディションを受けたメンバーと一緒にワン・ダイレクションとなるワケで。イギリスはこの手の男子ボーカルグループが人気者になりやすく。曲もよかったしね。ただ、その最初のオーディションの曲とはちとジャンルが違っていて。ハリーはそれでいいのかな?と少し気になっていた。

映画「ダンケルク」に出演していた彼を見て、何気なく最近の動向を調べると。おっ、ソロアルバム出してるじゃん。何気なく試聴してみると、めっさアチキツボやん。来年5月に来日決定していて。チケ完売かと思いきや、指定席は「余裕あり」で売ってるがな…。売れとらんのかい。でも、全曲試聴(買えよ!というツッコミはナシで)したけど、この感じだと幕張メッセとかではなく、もうちょっとキャパ少ない会場で聴きたいねぇ。ま、来年まで時間あるんで行く気になったら考えよう。