2010/07/29

短気でぎょめんなさい

派遣先→友だちの会社で仕事。派遣先でムカつくこと発生。負けないぜ、負けないぜ、負けないぜ。なんてことを書くと、また男前って言われちゃう。大変、大変。決して好きで男前を目指したワケではないんだけど。どんどんチカラついちゃったんだよねぇ、何故だか(爆)。

さてと、昨日駆け込みで観てきた「踊る」。細かいとこに懐かしさがいっぱいあって。青島くんも「あぁ、青島だ〜」、すみれさんも「あぁ、すみれさんだ〜」とワクワク。相変わらずのスリアミもナイスだし。小池くんはメガネ外して、出世しててカッコよくなってるし。でもなぁ、ストーリーはちと不満。ネタバレになるといけないので、わかる人にはわかる方向で書く。今さらあの人をカリスマ化して持ち上げるのはどうかと。外とは遮断されていたのに、何故スマートフォンを使えるのか?とか。あの衣装はどうしたんだ?とか。

観る側としたら、思い出話ではなく新しい事件を、ドキドキするような事件を追って欲しかったなと>青島くんに。スピンオフ作品もだからこそ楽しめた気がするんだよねぇ。もっと新しい展開での青島くんと室井さんのぶつかりとかね。調べたら、そのカリスマな人が操ってた犯人、実は青島くんと所縁あるヤツだったとわかったんだけどさ。だからといって、それが劇中でわかるとこはなく。踊るワールドはいつものように楽しかったけど、ストーリー自体は受け入れられなかった…というのがアチキの感想。とか言いながら、いろいろ確認したい部分があるので、もう1回観ちゃう気がするけど(爆)。

それにしても>小栗旬くん。この人は本当によく働く。決してファンではないけれど、ほんのちょっと出演かと思ったらほぼ主役級。映画監督もやってたり、ドラマ、ラジオ、舞台と大忙し。ちゃんと休んでるのかしら?なんて母ゴコロ。

-----

iPhone 4に替えてから。ケースをココロ待ちにしていた。注文したのは7月4日(に生まれて)。その注文したケースは「eggshell for iPhone 4 クリア」。3GSの時に使っていたeggshellの手触り感が好きだったので、iPhone 4用も同じ性質にした(好みの色はなかったんだけど)。その時点で「2週間後のお届け」という案内。本当はすぐにでも欲しかった。いつもiPhoneはケースをつけて大切に扱っていたので。裸族なんて耐えられない。でも、2週間ガマンと思ったら、それに加えてさらに入荷が2週間遅れるという案内。7月4日に注文して、届くのは31日だと。それでも、この短気なアチキは待った。ひたすら待った。

なのに、今日。「もうすぐ届くわ!」と楽しみにしていた今日。悲しいメールが届いていた。また入荷遅延だと。「入荷が8月7日になります」だと(涙)。入荷がその日だとしたら、届くのは最短でも10日くらいじゃないのか? もう待てない。人気商品なんだろう、でも2回の遅延メールはないだろう? だったら最初に4週間って言ってくれ。ごめんね>O社長。あなたがイイ人だとは、実際に話をしてよく知っている。でも、アチキはこういうやり取りに耐えられない人なのら。即刻キャンセル。バッサリ。

とりあえず「iPhone 4ケースプログラム」で無料ケースの注文は済ませているので、それまでのつなぎとして「RM iPhone 4 用 ポリカーボネイト製 ハードケース」を注文。2日後に届く。あぁ、安心。こんなにAmazonの箱が待ち遠しいことなんて今までないかも。

0 件のコメント:

コメントを投稿