2010/08/07

アイドルで在り続けること@福岡

今日は普通のお休み土曜日。で、福岡へオデカケくん。昨日の長崎往復で疲れていたので、ちと遅めに出発。でも、バスの中でぐっすり眠れて、それがよかったようで。三越でドイツパン買って、好きなブランドの洋服屋さんでシャツ買って、アップルストア寄って。

そして、R子ちゃんオススメのお店でランチる>「極味や」。お昼は激混みらしいので、ちと時間ずらしていったらすぐ座れた。よかったよかった。で、レア焼きのハンバーグ塩味を注文。生で食べられるという伊万里牛。まわりはカリッと、中はふんわり生ミンチ。めっさ美味しかった〜。今度生バーグ丼を食べてみたい。そんなハンバーグは「食べメモ」へ。

-----

今回のオデカケ目的であるマリンメッセ福岡へ。松田聖子のコンサートでR。「えっ、ファンなの?」と思ったそこのあなた。ファンか?と聞かれると、ファンではないと思う。ただ、毎年彼女のディナーショーが数分で完売するという話を聞いて「何がスゴいんだろう?」と気になっていて。でも、5万円出すんだったら、アチキはシンガポール旅行を選ぶ。スポンサーを見つけるという作戦もアリだけど(笑)。

アチキはチケットぴあの会員で。毎週届くメールの中に、会員先行抽選予約の案内があり。しかも福岡で土曜日。だったら行けるなと思って。必死に頑張って取るほどのことでもないけど、抽選で当たればラッキーってな感じで申し込んだら、なんと!当たったのでR。5万円は無理だけど、8,400円だったら何とか出せる金額。どんなんだろう?と思って観に行ってきたのでR。

デビュー30周年を記念してのツアーだったらしく、なんとこの福岡が千秋楽。観客の皆さんの気合いの入れ方が全然違う。みんな、手に造花を1輪持ってて。「何だろう?」と思っていたら、赤いスイートピーだった。なるほど。そういう演出なのか。ってか、曲の前で気づいたんだけどね(爆)。冒頭は新譜からの曲で全然わからなくて困った。でも、観客の皆さん、ちゃんと歌ってる。観客の9割は女子で、老若男女問わず。家族連れで来ていたお客さん。よく見ると、小学生の娘さんがずっと歌っている。ってか、みんな本気だ。

冒頭はわからない曲で困ったけど、あとはがっつり楽しんだ。ただ、曲に合わせたふりつけとかはわかんないので戸惑ったけど(爆)。ってか、スゴいや。松田聖子って人は。聴いてて思ったけど、楽曲に恵まれたこともあるよね。すべて頭に残っている。聴きたいけどどうかな?と思っていた「制服」はリクエストコーナー(コンサートでは定番の企画らしい)で聴けたし。そして、若いダンサーと一緒にぐるぐる踊る。でも、息が切れない。スゴく鍛えているんだろうなぁ。イイ年の取り方をしてるなぁと途中で感心したりして。

MCは終始丁寧でよそよそしく感じたけど、それが彼女の特徴で。途中フランクになったりと、めりはりあって楽しかった。途中「不思議の国のアリス」みたいな衣装で出てきて歌い終わった後に。「ちょっと確認するけど…私、(この衣装で)大丈夫?」とファンに問いかける。そういうやり取りも面白い。リクエストコーナーでも観客にツッコんだり。この人が30年第一線で活躍できてるのが何となくわかった。もっとイヤな人かと思っていた、実際。ここまでやってこれたのは周囲に信用され、愛され続けているってことなんだよね。イヤな人だったら無理だよね、誰もついてこない。

観に行ってよかった、大満足。でも、次はもう行かない。ってか、ファンの人に失礼だから。アチキのような興味本位だけで観に行っちゃいけないってこと、よくわかった。50歳になっても60歳になっても、ずっと「松田聖子」で在り続けるんだろうなぁ。カッコよかったよ、マジで。

0 件のコメント:

コメントを投稿