2010/08/10

夢はパティシエ

派遣先→パソコン教室で仕事。派遣先ではようやく上司が出張から帰ってきたので、しょっぱな愚痴ってもうた。ぎょめん、ぎょめんよ>上司。ぐるぐるしてたんでね。でも、上司から驚きの事実を知らされ。アチキよりももっと愚痴りたかったのは上司だったよ。お互い助け合っていかないと。「大丈夫?大丈夫?」と何度も聞かれた。凹み顔してたらしい>アチキ。いかんなぁ。

-----

自分用のメモに。甥っ子と将来の話をした。野球部に入っているので「野球選手になりたいの?」と聞くと「ううん」と甥っ子。イマドキの子どもは夢がないのかと思いきや。「パティシエになりたいんだ」とキラキラした目で話し出した。眠い時はやらないけど、早く起きられた時は弟と妹の朝食を作るんだそうで。だから、食事の準備ができてなかったら率先して作るらしい。へぇ。料理している時が1番楽しいんだと。

料理に興味を持ったのは、おじいちゃん(ヨメ父)が作っているのを見ていて。小学2年生の時に、目玉焼きを習って。最初はよく失敗したけど、数ヶ月したらちゃんとできるようになって。1番得意なのはクッキー。ケーキは上手く焼ける時もあれば失敗することも多いので練習をしてるんだそうで。いっつもゲームやマンガの話しかしないから、マジメに料理の話をする甥っ子が頼もしく思えた。大学もそういう料理関係に進みたいと両親と話してるらしい。へぇ。ま、どうなることやら。無事にパティシエになったら、おばちゃんに美味しいケーキ作ってねと頼んだ。どうなることやら。ま、ひとつ楽しみが増えたってことだね>この先。


■今日の「ごちそうさま」
Yさんからの黒島土産、うにまる!

0 件のコメント:

コメントを投稿