2010/10/05

働く中学2年生

派遣先に中学生がやってきた。市内の某中学では、一般企業に職場体験として1日勤務させるという仕組みがあって。あとで知ったんだけど、生徒自身が企業を選び、自分でその企業にお願いの電話をするらしく。派遣先ではたまたま上司がその電話を取って。ちょうど希望の日時は上司が在社する日だったので引き受けたんだと。

印刷・出版系となると。カッコいいクリエイティブなイメージを持った、ちと生意気そうな生徒が来るんじゃないか?と上司と話していた。「オトナに対して敬語使えなかったら殴りますよ(笑)」なんて笑って言ってたけど。初めて会うオトナに対して、敬語使えないようだったらダメ中学生決定。だがしかし、やってきたのはきちんと挨拶のできる優しそうな子で。上司の指示もメモをするし、質問するとハキハキと答える。でも、なかなか笑わない。緊張してるのがモロバレ。

でも、途中で先生が様子を見に来た時に、ふっと顔が緩み、笑顔を見せた。そこで少し緊張がほぐれたのか、笑うようになって。終了の時間が近づいたので「どうだった?ツラくなかった?」と聞くと「スゴく楽しかったです!」と笑顔を見せてくれて。甥っ子1号より1つ上だけなんだけど、しっかりしてる。甥っ子1号はオトナとちゃんとこんなやり取りできるんだろうか?と心配になった。

そして、上司と話し合って、派遣先が関わった書籍をお土産で渡した。内容は中学生にはちと難しいかもしれないけど、辞書を使えば全然問題なく理解できる内容。実は、その書籍たくさんあって。引き取り手を探していたのだ(笑)。でも、遠慮されるかなと思ったら、意外に喜んでいて。「読みます、絶対読みます」と嬉しそうにバッグの中に入れていた。

しばらくして担任の先生から電話があって。どうも書籍を渡したことで上司が何か言われていて。あら、もしかしてルール違反だったのかしら?と思って心配して。電話が終わって、上司に「先生に、あの本のことで何か言われたんですか?」と聞くと。

上「あの本、先生も読みたかったんで生徒に借りるって言ってたよ(笑)」
ア「だったら、もう1冊渡せばよかったですね、先生用に」
上「あぁ、そうだね…」

と、2人で山積みになっているその書籍の山をぼんやり見つめていた。図書館に寄贈するか。それにしても社内に中学生がいるってのは、オトナ側からしてもそうそうないことで。不思議な感覚だったよ。アチキこそどうもありがとう♪>Nくん。

-----

昨日、赤盤・青盤について書いたけど。ビートルズっちゅーのは、ジョン、ポール、ジョージ、リンゴという4人で結成しててね。ビートルズだけの活動だけでなく、それぞれソロ活動もあり、最近では奥さんや子どもまでも入ってくるし。網羅しようとなると、お金がいくらあっても足りないし。アチキの優先順位は1番・ジョンソロ、2番・ビートルズなので、他の人に比べると出金を押さえられている方で。

ということで、Amazonでポチっていたジョン箱。「発送しましたよ!」メールが届いた。数日後には手元に届くね、ワクワク。「完全生産限定」だから、Amazonではもうマーケットプレイスでしか売られてないね。

他には「Gimme Some Truth」というCDも出るんだが。いや、買うつもりはないんだけどね。気になったのがカタカナタイトル。「ギム・サム・トゥルース」って。せめて発音に近くするんだったら「ギミー」なんじゃないかと。ま、アチキは意地でも「ギブ・ミー・サム・トゥルース」って言うけど! いつから「Gimme」っつー表記になったんだか。

2 件のコメント:

  1. 職場体験かぁ。
    懐かしいねぇ~~
    長女は中学2年の頃獣医さんになりたいといっていたので、
    先生ががんばって受け入れ先を探してくれた。
    んで、3日間くらい行ったかな?
    終わって一言「獣医は無理。」
    なんか、楽しかったけど辛いことも汚いことも経験してうんざりしたらしい(笑)
    次女はミスドだったなぁ~
    高校生になってバイトしたいと言った時、
    「ミスドでいいじゃん!」と言ってやったら
    「・・・いや、無理。」と。

    職場体験はかなり良い経験になったうちの子供達でした(爆)

    返信削除
  2. なお@管理人2010年10月7日 1:10

    >mamiさん

    その子に「女子はどんなところを希望したの?」と聞いたら「獣医とか家具屋とか」って言ってて。やはり獣医は人気なんだね。職場体験って必要な授業なんだなぁと思ったよ。

    返信削除