2010/11/07

99年の愛

今日も休み。だいたい予定を入れてない休みはお昼頃起きて、いつもお昼ゴハンを悩む。でも寝起きなので考えるのに時間がかかる。で、いつもインスタントラーメンになる。なので、家にはいつもインスタントラーメンがストックされてて。カップではなく、袋麺の方。長めに茹でて麺をふにゃふにゃにして食べるのが好きで。でも、カラダのことは気にして必ず野菜を1品入れるようにしてる。今日はキャベツ。

ここ5日間、ドラマに見はまっていた。そう、TBSの「99年の愛」だ。番宣とかあまりチェックしてなかった。ただ、時期的にアチキジャンルだったので、とりあえず見てみようかと軽い気持ち。あと、橋田壽賀子ドラマをあまり見たことがなく(覚えてるので「おしん」くらいか、古っ!)、この人が日系人をどう描いてるんだろう?と不思議な気持ちも起こり。見られない日は録画しておいて、帰ってから見るという生活。最終日の今日だけはオンタイムで見た。

いやいや〜、とにかく切ない。ずっと泣きっぱなし。前に「TOYO'S CAMERA」というドキュメンタリー映画を観て。このカメラマン・宮武氏と同じマンザナー収容所にこのドラマの平松家は送られたんだと気づいて、よりリアル感が増して。ただ、この映画に関しては少々不満があった>鑑賞後。楽しく明るく暮らしている姿がオモテに出ていて、その当時の日本では食うや食わずの生活をしていたというのに…とモヤモヤしていた。このドラマを見て、それは長い時間の話ではなく、一瞬だったのだと。収容生活の中でも明るく生きようとする日本人の姿だったのだと知らされ。少しそのモヤモヤ感が消えた。

それと、その映画では原爆についてあまり触れられてないことも不満だった。日系人として、アメリカの原爆投下をどう思うか?を問うて欲しかった。どう感じたのか、知りたかった。で、このドラマではきちんとそれが盛り込まれていて。さすがだなぁ、橋田先生。ちと感動。5日間頑張って見てよかった。

ワイドショーで記者会見をチラッと見て。泉ピン子さんが、自分の若い頃を演じたイモトアヤコちゃんをベタボメしていて(ま、そこでイモトアヤコちゃんが出ることを知ったんだけど)。見てたら、ドラマ初めてであのキャスティングの中で立派に演じている姿に感動(涙)。これを機に女優として活躍するのかも。ってか、大抜擢だよね。よくスタッフも思い切ったことをしたなと。あと、アチキ的には川島海荷ちゃんがよかったねぇ。可愛い。そして、Twitterでフォローしている人の中に、このドラマの音楽制作に携わっている人がいて。裏話を聞けたのも面白かった。あぁ、明日からこの楽しみがなくなるのか。っつか、寝不足生活から解放されるわ(爆)。

0 件のコメント:

コメントを投稿