2010/11/30

こんなアチキだけど

今日は派遣先→某社で仕事して、友だちの会社で打ち合わせ。派遣先で厄介なモメゴトに巻き込まれ、1時間残業。これがなかったら、いろいろと用事済ませられたんだけど…とココロの声。関わってしまったアチキが悪いんだけど、上司も「我々(=社員)が対処すべきことだったよね、ごめんね」と謝ってはくれたものの、アチキが最初にバッサリ断っちゃえばよかったことで。ヘンな親切心を出してしまったせいで頼られてしまった。

簡単に説明すると、昨日派遣先の関連会社へのクレームがこちらに来ちゃって。それを聞いてあげて。でも、そのクレーム主が直接相手と話したくない。そちら(=派遣先)が間に入ってくれないか?と言われ。上司は出張。とりあえず関連会社に事情を説明して、クレーム主に連絡をして、との繰り返しで何とかコトは収まり。

それを今日上司に報告していたら、またクレーム主からアチキに連絡が来て、今度は別のクレームが発生していたことを知る。いや、この方、言ってることはマトモで。もしアチキも同じ立場だったら同じクレームつけるだろう。ただ、厄介なのがまったく関係のない派遣先、しかもアチキ指名で連絡してくる。アチキはいろんな権限がないから伝えることしかできないと言ってるのに、直接話すと感情的になってしまうのでという断り付。

上司が「オレが入ろうか?」と言ってはくれたものの、ここで上司にバトンタッチしても多分その方は感情的になりそうな気がして。たらいまわしみたいな扱いで。それは避けたかったので、上司と打ち合わせして、その別のクレームに対して1番影響ある部署の幹部に事情を話して連絡取ってもらうようにお願いをする。そして「上の者から直接連絡させます」と伝えて、何とか今日はそれで収まったような感じ。でも、また明日別のクレームが発生したらどうしよう?と不安に。すると上司が「もし、今度かかったらオレが出るから」と言ってくれて。あぁ、胃が痛い。ま、こういうことが起こりやすい職場だと認識はしてたけど、実際に起こるとかなりアタフタしちゃうもんで。アチキの業務で、前にそれがツラくて辞めた人がいると聞いたことがある。それが少し理解できた。

自分の関わった仕事に対してのクレームだったら、何度も対処してきたし。部下の失敗やらで謝りに行ったこともある。そういうことには慣れているつもりだったけど、まったく関係のないクレームで、しかもここでは対処できないものだったりすると脳みそぐるぐる。しんどかった(涙)。


ま、公式には昨日。ジョージの命日。2001年11月30日は上京していて。偶然ビートル友だち軍団とゴハン食べる約束をしていて。そのお店に向かってる途中で、ジョージマニアのNちゃんから電話が来た、「ジョージが亡くなったよ」と。長く病気で入院していたので、そんな日が来ることはココロのどこかで覚悟していた。そのゴハン会は一気に追悼会となった。なかでも、ジョージ好きのMちやんはすごく荒れていた。

先日、そのMちやんと飲む機会があって。前にMちやんから「なおちはジョージへの思い入れがなさすぎる。あの日(=ジョージが亡くなった日)だって『(ジョージが死んだことなんて)どうでもいい』って言った」なんて言われて。確かに思い入れはジョンに比べると、そう深くない。ソロアルバムだって1枚も持ってないし、シングルでヒットした曲はわかる程度。でも、ビートルズ時代のジョージ曲はほぼ歌えるしね。ふふん。

ただ、アチキは歪んだ性格かもしれないけど、亡くなった人に対して「どうでもいい」なんて思わないし、そんなことは言わない。そんな酷い人間ではない。ま、男前で多少言葉遣いが乱暴だけどさ。で、先日の飲み会でそれを直そうと思ってMちやんと闘った。当時Mちやんは大泣きしていて、飲んだくれていたんで自暴自棄風な感じだったから、静かにMちやんの話を聞いているアチキがもどかしく感じたのかもしれない。

あの日、ゴハン会の後、3軒ハシゴして。アチキはずっとつきあった。途中で出張中のBちゃんからMちやんに電話が入り、泣いて話ができない状態だったから、アチキが代わって今度はBちゃんの話をずっと聞いていた。「本当にどうでもいいと思ったんだったら、アチキはそんな3軒もつき合わないし。途中でMちやんのこと捨ててるよ」というと、何とか納得してくれて>Mちやん。ってな思い出が、ジョージの命日にある。そんなアチキがビートルズを聴き始めてソラで歌詞を覚えた曲は、ジョージボーカルの「すてきなダンス」でR。ふふん。

0 件のコメント:

コメントを投稿