2010/12/11

ポールとジェリーと、オドロキ誕生日@NY

なんと!朝の4時に目が覚め。あきらめていたことを実行してみるか?なんて、悩み出した。それは、NY出発前にポールのホムペで知ったこと。アメリカで放送されている「Saturday Night Live」(以下、SNLと略)のライブゲストでポールが出演するというのだ。しかも日程は11日土曜。撮影してるのは、NYにあるNBCスタジオ。いやーん、アチキってばNYにいるじゃーん。

で、そのSNLってのは一般参加ができるのだ。ただ、アチキのような観光客にはキャンセル待ちのチケット(スタンバイチケット)を期待するしかない。実際のチケは会員登録して、しかも「ポールが観たい」という日時指定はできないんじゃなかったかなと。昔、調べた時に会員は在住でないとなれなかった記憶が。

で、そのスタンバイチケットが当日の朝7時から配付されるのでR。果たして観られるかどうかもわからないチケットを取りにいくかどうか。迷った末に着替えて出ようとしたら、先日一緒にゴハン食べたOちゃんも同じココロが働いたらしく(笑)。アチキ以外にもダメ人間がいると思ったらホッとして。朝5時半に現地到着して寒い中1時間半待ってもらった。


で、結果を先に書いちゃうと残念ながらアチキの番までキャンセルはまわってこなかった(涙)。あぁ、朝の苦労が水の泡。でも、並んでる最中にいろんな交流ができたり、Twitterでアップしたり、デジカメで撮影したりと決して無駄なことではなかったなと。イイ思い出になったよ。で、急いで宿に戻ったら、何とかテレビでSNLを観ることができた。よかったよかった。その様子をOちゃんがブログにアップしてるのでどうぞ>コチラ


で、時間を戻して。チケットをもらって、OちゃんとMacで朝食食べて、宿に戻ってひと眠り。今回は2つミュージカルを予約してて、今日マチネで「MILLION DOLLAR QUARTET」を観た。

1956年12月に、エルビス・プレスリージェリー・リー・ルイス(曲が流れるよ!)、カール・パーキンスジョニー・キャッシュが集まってセッションしたという話。このセッションは事実だけど、果たして物語の内容がどれだけ事実に近づいているのかは不明。ただ、ロケンローな曲がたくさん聴ければ、アチキは文句ないのさ♪ その「MILLION DOLLAR QUARTET」については、コチラが詳しい。

実はこのミュージカル、賛否両論激しいのが気になっていて。トニー賞ではノミネート数が多いのに。一抹の不安を感じながら観劇スタート。

正直4人の名前はもちろん、曲も一般市民からすれば知ってる方だと思うけど、残念ながらパッと顔が浮かぶのはエルビスのみ。ジェリーはちょっとだけわかる程度。カールに関してはビートルズ絡みでどえりゃー曲は知ってるものの、顔はわかんない。ぎょめんよ、カール先生。ジョニーなんて、ホアキン・フェニックスの方が浮かんでしまうし(爆)。理由はコチラ(予告編が流れるよ!)。

確かに賛否両論の意味が何となくわかった。途中でだるくなるシーンが多い。ほら、英語のセリフを聞き取れないという難題もあるし。もっとたくさん演奏するのかと思ってたのよね。でも、すごくカッコよかった>演奏。みんなが演奏、みんなが歌う。ジェリー・リー・ルイス役のレヴィ・クレイスなんて元々ジェリーの大ファンらしく、めっさカッコいい。アチキツボだったのはこの彼。演奏も歌もカッコよかった。愛のチカラはスゴい。

ただ、気になっていたのはエルビス役のエディ・クリンデニング。顔は何となく似てるんだけど、声質が元々エルビスと似てないんだろうね、無理して低音出してる風な感じ。それとひとり若い感じがして、彼ひとりに違和感を感じてたら。下記画像が出てきた瞬間、あっ、この当時のエルビスだったら似てるかも!と思った。どうしても晩年のでっぷりエルビスが浮かんでしまうのよね。そして、この画像がミュージカルのキモになっていて。途中のダルさを忘れてしまった。観客も切ないため息。この切なさは良い方の切なさ。観てよかったけど、2度め観たいとまで思わなかったパターンのヤツや〜(笑)。


観終わった後に、中央郵便局へ。アチキはお土産を買わない人で(酷)。ってか、その選ぶ時間がもったいない。買うとしてもドルが余って、空港でお菓子を買う程度。ただ、時々友だち軍団数人にエアメールで絵はがきを出すようにしている。

前にもその理由を書いたと思うけど、遺書代わりでR。もちろん国内に居ても何が起こるかわからないのは当たり前で。でも、飛行機が墜ちた場合のことを考えると、せめて死んだ後に楽しい旅行の様子のはがきが届けば、遺された側の人々も「あぁ、なおちゃんは楽しんでいたのね」と少しココロ安らぐ理由になるかと。ま、それだけなんだけどね。今まで実際に遺書になったことなく、元気に帰国。そして、あとで「はがき届いたよー」と言われるパターン。それでいいのだ。


そして、命日にIMAGINEのモザイクにたどり着けなかったので撮影しに72st駅へ。もうこの駅って何度降りてるんだろ?ってくらい来てる。ストロベリーフィールズへ向かってIMAGINEのモザイクへ。命日まではいかないけど、人がかなり集まっていたのでオドロキング。しかも一眼レフを抱えた人ばかり。何かの撮影会?

そして、その場所から程近いApple Storeのアッパーウエスト店へ。これがめっさカッコええ建物で、一気にテンションあがりまくり。そして、めっさ可愛いiPadケースを見つけて衝動買い。あぁ、Eマネに見せたい(私信)。

そのケース、あまり数がなくてしかも端っこに置いてあって。レジに行こうとしたら、お店のお姉さんに「私、それ初めて見たわ。ちょっと見せて」といきなり取られ。早口で「これはいいわね!この部分が便利そうだし…」みたいな内容のことを言われ、最後に「あなた、これはイイ買い物よ」と背中をバシッと叩かれる。な、なんちゅーApple Storeなんだ、ここは?

そして、Eマネに頼まれたiTunesカードを購入。で、気になっていたことがひとつ。このお店のスタッフのネームカードが「Abbey Road」のジャケットなのだ。めっさカッコよくて。何とか撮影しようと試みたが、盗撮っぽくて。思い切ってレジの兄さんに「そのカード、ナイスですよね。写真撮らせてもらえませんか?」とiPhoneを差し出したら「えっ、これを?」と言われたので「ビートルズファンなんです」と告白。すると、兄さんは笑顔で承諾。ここで「忘れられない1日」の偉大さを思い知る(大げさ)。どうもありがとう♪>アンソニーさん。


久々にBloomingdale'sというデパートに立ち寄り。派手な電飾にオドロキング。ってか、日本人の客が多いこと多いこと。というアチキも日本人なのだが(笑)。Macy'sではこういうことなかったんだけど、もしかしていろんなブランドが入ってるってことなのかも。バーゲン中しかも土曜日の夕方ということもあってお客が多くてすぐ出てきちゃった。


一旦宿に戻って、荷物を置いてタイムズスクエア駅に向かう。Hちゃん&Eさん夫妻のバンドが地下鉄構内で演奏しているのを見に。行ったらすでに盛り上がっていて。バンドを取り囲んでお客さん大騒ぎ。楽しそうだ、みんな。あまり邪魔しちゃいけないので、演奏中にそっと手を振って。お客さんと一緒に楽しむ。


すると、演奏の途中でドラムのEさんが前に出てMC。「日本から来た私の友だち、ナオコの誕生日です」とみんなの前で紹介され。な、何なんだよ、そのサプライズ(涙)。アチキのために"Birthday"を演奏してくれて。お客さんにも「おめでとう!」なんて声をかけられ。実際には誕生日はもうちょっと先なんだけど、アチキのNY最終日にそんな作戦を実行してくれたHちゃんとEさん。やられた、やられた、やられた(涙)。

そして、ギターの形をしたバースデーカードと、ビートルズのGiftカードをいただく。多分Hちゃんのチョイスだ。ってか、これApple Storeで見てないぞ。もちろん日本にもない。めっさ嬉しい。ありがとう、ありがとう、ありがとう♪>Hちゃん&Eさん。残念ながら、生でポールは観られなかったけど、それ以上にココロがほっこりしたよ。そんなNY最終日の夜。

0 件のコメント:

コメントを投稿