2011/01/21

観たいんだけど…

派遣先→友だちの会社で仕事。派遣先の嫌いな社員さん、一時期は同じ部屋の中にいるだけでツラかったけど。最近は自分の中で意識改革をして、モヤモヤしなくなった。かといって、好きになったワケではなく、自分の中で抹殺した状態にしているということだ(なんだそれ)。あと、異動してったYさんがメールくれて。「こういう対処をするとよい」みたいな作戦がツラツラと書かれていた。Yさんも被害者のひとりなので、そうやって片づけてきたのだなとココロ強いメール。

来月、福岡に行かなくちゃならない用事ができて。1本映画でも観るかと思って調べてみたけれど。「うおっ!観たい!」と思うようなアチキツボの映画がない・ない・ない。そのジャンルの狭さがいけないんだけど。昔のソ連映画とか上映してくれないかなぁ、なんて。そんなこと無理か。

ドイツ映画の公開もめっきり減り。アチキはドイツ系俳優3人が好きなのれ、不定期に彼らの作品をチェックするんだけど。なかなか日本公開されず。トーマス・クレッチマンの「Eichmann」公開されないか期待したんだけど無理そうだし。ま、詳しくいうとドイツ題材のハンガリー/イギリス制作映画で、言語は英語らしい。なので、ドイツ映画とも言い切れない。むーん。

ドイツ映画でココロ待ちにしているのが「John Rabe」(予告編が流れるよ)。ジョン・ラーベという人がどういう人かはコチラでどうぞ。ネタ的に日本公開は無理なんだろうと踏んでいる。どこの配給会社も手を出せないんだろうねぇ。だからこそ余計に観たいというか。どういう風に描かれているのかが気になるワケで。

「ジョン・ラーベ」でふと思い出す。「南京!南京!」って結局日本公開されたのか?「日本公開決定!」のニュースは見たものの、何だかその後音沙汰ナシじゃね? 多分公開されても大都市だけだろうし、どちらにしても映画館で観ることは無理だったろうけど。これも観ておきたい映画のひとつ。

0 件のコメント:

コメントを投稿