2011/02/06

田岡氏のアイデア

久々に山登り。ちとサボリ気味だったこともあって。それと本当にここんとこブルーな事件勃発したり、考えごとがヤマのようにあったり。頭の中がグルグルしていたので、リセットしたいという思いもあって。引きこもっていても解決策は見つからない。出かけてスッキリした。カラダを動かすのは良いことだ、良いことだ、良いことだ。帰りにぼんやりお茶る。手帳に「やらなきゃならないこと」をリストアップ。そして順番つけて。1個ずつ消していこう。

-----

たかじん〜」に田岡氏が出ていた。前に氏が普天間の県外移設案で佐世保を挙げているのをネットや雑誌で読んだことがある。ナナメ読みしてたんで、あまり真剣には読んでなかったし、軍事ジャーナリストが何を言おうが影響はないだろうし。すると、この番組で堂々と佐世保案を話し始めた氏。CSか何かで話したことはあるらしいけど、多分(ローカル局とはいえ)地上波にのったのは初めてじゃないかと。

何かドキドキした。この番組の影響力って意外にあるんじゃないかと。佐世保って町は自衛隊駐屯地もあり、米軍基地もあり。アチキが勝手に感じているのは、割と米軍と上手くやってる気がするんだよなぁ>佐世保市政。いろいろな問題あるかもしれないけど、日本国内で最も米軍を受け入れやすい態勢である町なのかもしれない…と氏の話を聞きながら、ほんの少し感じた。

あと、周囲見てて就職難で苦しんでいる人々が多くて。リストラされたり、会社が倒産したり。そういうのを目の当たりにして。というアチキも仕事が減ったし。フリーランスで生活していくのを迷いだしてるのは不安定な収入なことから。移設されることで、この不況から抜け出せないか?と思ったりもするワケで。

でも、番組見ててガッカリしたのは、佐世保案を出してる割に何のリサーチもしてない氏。田嶋さんが「佐世保市民はOKって言ってるの?」と聞くと「それはわからない」だと。元・新聞記者だろ? それくらいさ、地元に来て何とでも話は聞けるだろうし。堂々と講演とかやっちゃえばいいじゃん。市民がどう反応するかわかんないけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿