2011/02/07

デンゼル・ワシントン

派遣先で仕事した後に、1本打ち合わせ。思ったよりも早く終わって、時計見たら。観ようかなと思っていた映画があと10分で始まる。帰りのバスにも余裕で間に合いそうだし。本当は水曜日のレディースデイに行こうと思ってたんだけど、仕事が入りそうだし。それに、映画館で「マンデーサービス」っつーのがあって。終日月曜は1,200円なんだと。休み明けでお客が少ないからかしら? レディースデイで1,000円で観るのもいいけど、客が少ない中で静かに200円余計に出して観る方がアチキ的にはラクチン。だがしかし!なんと貸し切り状態(爆)。こ、こんな静かなのも困っちゃうけど。

で、観たのは「アンストッパブル」。ネタ的にはあまりときめかないんだけど、デンゼル・ワシントン好きなもので>アチキ。ただ、予告編だけでおなかいっぱいになってたので実際に観るのはためらったんだけど、Nさんの「映画館だからこそ楽しめる」という言葉に騙され(笑)観に行くことを決意。

あまり下調べせずに観に行ったら、結構楽しめた。実話がベースになっていることを知らず。暴走列車って触れ込みだったので、一瞬「ホラー系?」なんて思ったり。すると、人為的なミスで起こってしまった事故だったのね。なので、割とリアルな感じ。デンゼルってば年取ったなぁ、太ったなぁと思うけど、彼の声が好きで。多分デンゼルの声は聞き分けられるような気がする。あと、人なつっこい表情がイイ。たまに目をくりくり見開いて口を尖らして人を小馬鹿にしたような表情をする時がある。それに対して思わず「可愛い!」と思ってしまうオッサンラブのアチキ。

監督はトニー・スコット。アチキら世代でいうと「トップガン」の監督だと言えばいいかしら。相変わらずこんなアクション系が好きなのね>監督。エンドロール見て「あれ?」と思ったことがひとつ。プロデューサーの名前の中に「ミミ・ロジャース」が。調べたらやはり女優のミミ・ロジャース。ついに製作側に進出かぁ。

4 件のコメント:

  1. 私もつい最近、大学の講堂でこの映画を観ました。デンゼル・ワシントンいいですね。私も実話を下敷きにしているとは知らず、見終わってから調べてビックリしました。列車が止まった後のシーンはまるで祝勝会のようで、数人とはいえ死傷者が出てるのになあ、なんて思ってしまいましたが。

    返信削除
  2. なお@管理人2011年2月11日 2:14

    >おおおちゃん

    デンゼルは男子にも人気ね〜。本当にカッコいいッス。あの祝勝会はいかにもアメリカって感じよね。確かに確かに。トニー・スコット節、炸裂。

    返信削除
  3. ミミ・ロジャース、好きな女優さんなのですが、最近全く見かけないなぁと思っていたら、何と、何と、なのですね。映画に行く余裕がなくて、この作品は未見です。私もエンド・ロール見るの好きなのですが、気付いたかなぁ。何はともあれ、行けば良かったなぁ。

    返信削除
  4. なお@管理人2011年2月16日 2:51

    >P子さん

    先日はお疲れさまでしたー。楽しかったよーん。アチキも偶然見つけちゃって。トム・クルーズ絡みで覚えてるのよねぇ>元・奥さん。もうそちらでは上映してないの??

    返信削除