2011/02/15

あのイベントにモノ申してみた

派遣先→友だちの会社で仕事。在宅仕事も抱えていて、脳みそぐるぐる。でも、今日はちょいと息抜き。よく行く焼肉屋さんで、メニュー数品が半額というキャンペーンやってるので、久々に肉ってきた。このお店のユッケが美味くてねぇ、幸せ。いつも一緒に行くメンバーがごっそり熊本に転勤しちゃったんで、寂しくAっきぃと2人で。ところが、鍋将軍ならぬ焼肉将軍。その役目ではない2人で行ったので、焼くのにオタオタする2人(笑)。その将軍がみんな熊本に行っちゃったからねぇ…。

Aっきぃとゴハン食べるのも久々。Aっきぃに起きた出来事、そしてこれからの動向を聞いてまた寂しいココロ。そして心配がひとつ増える。みんなオトナなので、そんな心配することはないんだけど、何だか母ゴコロが働いてしまうのだよ(涙)。切ないなぁ。ぐすん。

-----

さて。書こうか書くまいか、迷っていたことがひとつある。書いてどうかなるワケでもなく。ただ、モヤモヤしているココロを吐き出したいという思いから書こうかと。賛同を得たいとか、反対な方々の意見を聞きたい等のディスカッションは望んでない。ただ「こういう風に思っている人がいるんだ」という証。

お隣の県、佐賀県武雄市で町おこしイベント「温泉 de ビートルズ」が開催される。いろんなメディアで取り上げられ、実行委員会の方々もノリノリなようで。

ってかさ、温泉とビートルズって何が関係あんのよ。安易な気がするんだよ、結びつけが。「団塊の世代=ビートルズ」って図式は今さら通用しないと思うよ。団塊世代の人たちの中でどれだけの割合の人がデジタル化されたことを知ってるだろうか? ただ、好きな人たちが集まってイベント開催するだけであれば「楽しそうだな」と思うけど、それを町おこしとして市政が立ち上がるのに違和感を感じるのだ。経済効果を出すために、客寄せパンダとしてビートルズを取り上げるのは止めて欲しいよ、まったく。

例えば縁の土地は別である。リヴァプールとか、ハンブルクとか、ニューヨークとか。ビートルズメンバーの足跡が残っているところが盛り上がるのは理解できる。そうね、日本でいえばジョンがよく立ち寄った軽井沢とか。

そして、出演するバンドの中にはこれから練習をするというバンドもあるらしいし。ビートルズファンをバカにしちゃいけない。どうしてそんな素人バンドのヘタサウンドを聴かされなくちゃいけないの? ビートルズを聴いている人たちはある程度音楽耳を持っているのだよ。行き当たりばったりでバンド作ってテキトーに演奏されても、聴く側としては大迷惑だ。ファンをバカにするんじゃなくて、ビートルズをバカにしているんじゃないのう?なんて気になる恐れもあるワケで(大げさ)。

ちょっと道がそれるけど。数年前に、ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンでポールのライブを観て。鑑賞ツアーで参加したMちゃんと終演後に待ち合わせして。そのMちゃんのツアーには、ライブ後にビートルズのコピーバンドが演奏するライブハウスで食事というオプションが付いてたらしく。そこでMちゃんが「本物を観た後に、コピバンとか観る気にならないよ。なおちゃん、他でお茶しようよ」と言った。そして2人でホテル近くのデリでライブの話で盛り上がって、楽しい時間を過ごした。

武雄市のやり方って、このツアーを企画した旅行代理店みたいだとふと思った。どうにか関連付けさせて、金を搾り取ろう大作戦的な。でも、まだその旅行代理店の方がマシかな。関連付けは納得いく範疇ではあるからね。「温泉 de ビートルズ」はもうワケわからん。これが成功するんだろうか。もちろん参加する気はさらさらないよ。誰が行くかっつーの。ってか、ポール呼べたら行ってやる(爆)。エラそうですまん。

0 件のコメント:

コメントを投稿