2011/03/13

地デジ化と、アチキにできること

先日、家電量販店でテレビを購入>コチラ。今日配達&取付をお願いしていた。なので、朝から掃除。でっかいブラウン管テレビとさようなら。そんなさようならするテレビでずっと地震のニュースを見ていた。

無事に地デジ化完了。ただ、アチキの部屋のアンテナが古く、2局だけノイズが走るかもしれないとのこと。ノイズが連続でひどくなったら、アンテナ交換した方がよいらしく。それには2万円くらいかかると言われ(涙)。他のアンテナからひっぱってくることもできるけど、そうすると家の中にぐるぐる〜と配線しないといけないらしく。ま、今のところノイズはないので、しばらく様子を見てみようと思う。

外付HDDも取り付けて。さっそく録画してみようと思ったけど、地震のニュースだし。通常放送になってからやってみようと。何だか薄っぺらくて、小さくなった感じでなんとなく寂しい。ただ、画面がものすごくきれいなせいで、被災地の悲惨さがよりリアルに伝わってきて、涙止まらず。こんな効果があるなんて…。

地震について。まずは今のアチキができることから。Yahoo!基金への募金を済ませた。貧乏人なので、ほんの少ししか募金できないけど、何かの役に立てば。そして、以下は義援金情報をまとめたサイト。

【義援金・募金・寄付できるサイトまとめ】東日本大地震

「避難所の食糧が足りない」と言ってる被災者の映像を見て、こちら九州からもどかしく見ている。どうにか上手く流通する方法はないものか。例えば、関東地方から車で運ぶのであれば、その運んでくれる関東地方の企業・個人宛に送れないかとか考えたり。捜索作業のジャマになるからダメだって言われるかもしれないけど、車がダメだったら自家用のヘリでロープで降ろすとか。だって、こっちには食糧あるからさ〜。子どもたちがひもじい思いをしているのは耐えられない。

あと、親と話をして。復旧するまでの間、子どもを預かろうかと。親は年金生活で家にいるし、家は狭いけど、子どもひとりくらいだったらゆっくり寝せられるし。子どもひとりくらいのゴハン代くらい頑張って稼げるし。戦時中の疎開だと思えばいいし。でも、こんな個人の思いが伝わるワケないか…なんて思ったり。何だか悔しいのよ、モヤモヤするのよ。同じようなことを考えていて、それなりのチカラを持つ人っていないかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿