2011/03/17

彼女の行方

派遣先→友だちの会社で仕事。テレビを見ているとね。不思議な気持ちになる。被災地の様子、原発、停電、ずっと続く余震。いつ「これでもう大丈夫」って安心できる日が来るのか。世界中が日本の動向をずっと見守っている。明日原発がダメになっちゃうんじゃないかとか。関東地方に大停電が起きてしまうんじゃないかとか。新聞の最終面がラテ欄じゃないのがこんなに続くなんて初めてのことで。

でもさ、アチキの住む長崎には何の影響もない。寒さに耐えることなく、ひもじい思いに耐えることも、駅やバス停の長蛇の列にじっと並ぶこともない。「まずはできることから」なんて思うけど、あまりにも何もかもが違いすぎてどうしたらいいのかわからなくなる。今は募金するしかなくて、今はただひたすら東京電力・自衛隊・警察の方々に委ねるしかなくて。申し訳ない気分で胸がいっぱいになる(涙)。

そんな中、ようやく仙台に住む友だち・Yちゃんと連絡が取れた。家は内陸の方だし、津波の被害はなさそうだけど、あの地震で家屋がどうなったかはわからないし。災害伝言ダイヤルや掲示板を利用していたけど、折り返しなく。ほぼあきらめかけていた。で、今日伝言残そうと思って、171を回した時に。ふと「もしかして電話が通じるようになってたりして…」なんて感じで、何気なく171を止めて電話してみた。するとコール音、そしてYちゃんが出た! 無事だった、Yちゃんは無事だった(涙)。でも、話を聞いてると大変そうで。特に食糧の調達。生の声はテレビやネットで流れているモノよりもシビアだ。

ただ、驚いたことがひとつ。「余震ツラくない?」と聞いたところ「最初の地震は本当に怖くて怖くてたまらなかった。でも、それを体験してると震度3の揺れなんて全然平気なの。多少揺れてもぐっすり寝てるから大丈夫!」だと! 彼女と話すまでくよくよしてた自分が恥ずかしくなった。パワフルだ。これが日本人の強さだ(大げさ)。まだ今は東北地方への郵便は受け付けていないけど、受付開始されたらYちゃんに食糧を送ってあげようと思う。もちろん買い占めなんてしないよ。1個余分に買うだけ。いっぺんに買わずに、できれば栄養の取れるモノを。親が作っている野菜を送ってあげたいのう。

0 件のコメント:

コメントを投稿