2011/04/05

ココロの「洗濯と選択」

今日は午前中からパソコン教室。超初心者の方々で、反応がピュアでいい、スゴくいい! ヘルプの出し方も「なおさん、ちょっと…」と申し訳なさそうに小声で呼ぶ。教わる姿勢がこっちにも伝わる。ひとつひとつの作業に驚き、そして感動する様子にちと泣きそうになった。ぐすん。長く通っててふてぶてしい態度の生徒さんにもこんな時期あったはずなのに(爆)。久々にアシスタント業が楽しいと感じてしまった。しまったしまった。

派遣先には別部署のWさんが来社。初めての佐世保入りで、いろんな佐世保の洗礼を受けて帰ってった。で、やっぱり佐世保バーガーを食ってった。そこは避けられない道なのか。Wさん、容姿整ったさわやか青年で。ジャニーズに入れそうで入れない雰囲気なので(謎)、勝手に上司と「惜しいジャニーズ」とあだ名を付けている。今日はピュアな生徒さん、さわやか青年のWさんに会って、ちとココロ洗われた。

-----

ふと「自粛」について考える。アチキはGWに海外旅行を予定していた。航空券ももう少しで押さえそうになっていた。派遣先に有休を出さなきゃと思っていた。そして震災。「未曾有の災害」と呼ばれ、計画停電、原発の事故…世界中が日本に注目、被災者はもちろんのこと、実害のない九州に住むアチキもいつもニュースを気にして、明日どうなるかわからない日本をじっと見続けている。多分こんな状態って生まれて初めてのことで。正直、何が正しいことなのかがわからなくなっている。

何度も何度も考えた。そして出した結果は「旅行取りやめ」。止めた理由・その1。絶対この時期じゃないといけないということではないから。例えば、Gくんのライブを観るなどのイベントだったら、多分アチキは行ってたと思う。止めた理由・その2。きっと今のココロの状態で行っても現地で楽しめないと思ったから。

だから、今の精神状態を優先して取りやめたってことが「自粛」になるの? その震災が考えるキッカケになったとは思うけど、行く気がなくなったのは「自粛」になるのか。「自粛しないで」という世の中の訴えを受け止めて行くべきかとも、もちろん考えた。でも、重いの、ココロが重いのよ。そういうのよくないと思う派。無理はしない派。自分がココロから行きたいと思った時期に行けばいいやとココロの整理をしたことが「自粛」なの?

もし、アチキの考えが「自粛」と言われるんだったら。自分の重いココロを押し殺してまで旅行に行った方がいいの? そんなのしんどいよ。自分で稼いだお金をどう使おうが、いつ使おうが勝手じゃんかよ。「自粛」する側が悪いというような風潮がね、疑問なのよ。こんなアチキの考え、おかしいか? ダメなのか? もうわからん。

0 件のコメント:

コメントを投稿