2011/04/10

不安なココロを少しでも

昨日、長崎発佐世保行きの最終バスに乗って。バスの中でがっつり熟睡。そして、どうもヘンな姿勢で寝てしまってたようで。昼頃起きたら、カラダがアチコチ痛い。お布団に入ったまま、iPhoneを見るとメールが1通。上司からだった。急な仕事依頼のメールだった。何だかえらく気を遣った文章だった。多分、派遣という立場でもあり、休日出勤になるからだろうけど。2時間程度の作業だったし、もしかしてお願いされるかもなぁとは思っていたし。ただ、当日にお願いされるとは予想外だったけど。

その仕事は夜からだったので、それまでのんびり。昨日の疲れが抜けてないので、家事も後日にまわすことにしてとにかくぐったりしていた。AUGMに参加した皆さんは長崎市内観光しながら食べまくっていて。皆さん元気だわ、ビックリ。自分の体力のなさにビックリ。

-----

夜出かけて、上司から仕事を引き継いで無事終了。「もし必要だったらお弁当代も出るよ」と言われたんだけど、夕食食べてから行くし「要らないっすよー」と言ったものの。緊張感漂う現場で、終わった瞬間おなかが鳴った。ああ、やっぱりお弁当代もらえばよかった(笑)。

東京の友だち・Yちゃんから在宅仕事の依頼が来ていたのを忘れていて。返事を出したら、電話がかかってきて。その仕事内容についての説明。何とかアチキでもやれそうな感じだったので引き受けることにした。Yちゃんは元々在京時代の仕事の同僚。彼女と組んで一緒に仕事をしてたので、本当にやり取りがラクチン。

ただ、余震や計画停電、福島の原発などで不安になっているらしく。仕事の話はあっという間に済んで、その不安話に。しばらく東京から離れることも考えているらしい。幼稚園の子どももいるし。ダンナも「しばらく子どもとお母さん3人で西日本に行くといい」と勧めているらしい。実際にアチキの周囲でもヨメ・子どもを実家に帰している人もいるし。ずーっと不安を抱えているのはよくないから、ダンナの勧めもあるんだったら九州に来いと話した。すると、Yちゃんは気がラクになったらしく。

震災で直接的な被害はないものの、さまざまなことでココロ病んでいる人がこんなに近い関係でいるんだと思うと、本当にココロ痛い。ちといろいろなココロの動きあって、震災関連のことは書くまいと思っていた。でも、今回はもしかしてYちゃんのような思いをしている人が読んでるかもしれないと思って書いてみた。そうやって誰かに話すことでラクになることができるかもしれないと思ったから。

0 件のコメント:

コメントを投稿