2011/05/04

アチキの食べる道

今日は1歩も外へ出ず、引きこもり生活バンザイ。ダラーッとしてた。再放送の「相棒」見たり、洗濯したり、ぼんやりしてたらあっという間に夜。

親が弟の家に行ってるので、しばしのひとり暮らしモード。料理嫌いなんだけど、外に買いに行きたくないし。冷蔵庫の中を眺めて。お昼はベーコン焼いて、ゴハンとお味噌汁。夜は卵焼きとゴハンとお味噌汁。アチキにとってはごちそうだ。

外食行っても、お酒1杯程度、お料理数品で、そんなに贅沢な感じではないし。ってか、高い店はビビっていけんし(笑)。食費はあまりかかってない方なんじゃないかと。それに、ありがたいことにイタダキモノが多い。

アチキの料理嫌いが近所の人に浸透しているので、野菜やおかずの差し入れが来る。近所やアチキの友だちならまだしも、会ったことのない親の友だちまでもが「娘さんにあげて」と親がもらってくる。何とも情けない。

でも、人の作った料理はやっぱり美味い。そして「めっさ美味しかったです!またよろしくお願いします!」なんてお礼を言ったら、また別の料理の差し入れが来ちゃったりする。

子どもの頃、親に怒られて。「言うこと聞かん子は出ていけ!」と怒鳴られ。ほいほい出てって、近所の家に「おばちゃん、出ていけって怒られたけん、泊めて~」とお願いできる子どもだった。なので、人の家のゴハンをよく食ってる子どもで。

結局。オトナになって状況はちと異なるけど、アチキの場合、食生活だけは困らないような人生になっているのかもしれない、なんて思ったりする。手を差し伸べてくれる方々、どうもありがとう(なんだそれ)。

0 件のコメント:

コメントを投稿