2011/06/24

さよなら粉瘤

ここんとこずっと。派遣先の社員さんが激務で。出張で不在が数日続く。ひとりだとサクサク仕事が進むのでいいんだけど、社員さん宛の問い合わせがあるんで、ずっと不在だと困るワケで。その度にメール。できるだけ電話は避ける。メールは要チェックな社員の皆さんなのれ。社員さん宛の来客も多いし。たまには帰ってきてくれよ。んもう。

そんな派遣先の仕事を終わらせて。病院へ猛ダッシュ。抗生物質のおかげで本当に目立たなくなったアチキの粉瘤くん。ほんのちょっと残ってはいるんだけど「そう言われればプクッとしてるかも?」なんて感じ。先生も「おお、本当に目立たなくなったね」と粉瘤くんをグリグリ触る。コリコリはあるものの、めっさ小さいのでそんな異物感はなく。「でも、袋状のものは残っているから、いつかは取らないといけないけど、どうする?手術する?」と聞かれ。どうしたらいいもんだか悩む。で、先生としては「このまま様子を見て、また膨らむようなことがあったらその時は手術するってどう?」という提案。ということで、抗生物質も終了。通院も終了。次回は粉瘤くんが膨らんだ時に。

ってなワケで、ぼっこり目の回りを腫らした顔を覚悟してたけど、とりあえずなくなり。いつも顔はしっかり洗う方なんだけど、この粉瘤くんのせいで、余計に洗うようになってしまった。ま、不潔にしててバイ菌が入ったという病気ではないから、それが効果あったのか、なんてことはないんだけど。先生は手術によってできるキズの大きさを気にしていたらしい。顔だしね。そこは皮膚科で手術もできるんだけど、位置が位置なので形成外科で手術した方が後々いいかもしれないとのこと。その時はちゃんと紹介状を書くから安心してね、と優しい先生だった。ありがとね>先生。

そして、病院の帰りに友だちの会社で仕事。早めに終わったので「ゴハンでも行こうか」と久々にタイ料理屋さんへ。数ヶ月ぶりの生春巻き。ああ、幸せ。しばらく来ないうちに、前にいたスタッフの姉さんがいなくなってて、タイ人のスタッフがいた。注文しようとしたら、おや、日本語が通じない。メニューの番号を英語で伝えて。空いたお皿を下げる時やラストオーダーの時間を知らせるのも英語。いいんだけどさ。普段動かしてない英語脳はすぐに働かないんだよ(涙)。き、緊張しちゃうんだよ。ドキドキ。ああ、海外旅行初日の気分だった(疲)。そんなタイ料理は「食べメモ」へ。

2 件のコメント:

  1. なおさんも粉瘤?
    切らずに済んでよかったですね。
    俺も昨年から皮膚科通いしてます。
    今、行ってるトコはなるべく切らないで治す考えの医者らしく。
    一度、業を煮やし「切れば早いですよね?」と聞いたら
    「そりゃ早いけど今切ったら顔、ヤ●ザみたいになっちゃうよ?」と言われました(笑)
    一番酷い頃でそちこちに出てたから。
    10年ぐらい前に切ったこともあります。
    今度も長引いてるし医者変えてでも切った方がいいのかな~。

    返信削除
  2. なお@管理人2011年6月28日 1:03

    >LA MOSCAさん

    アチキもどちらかというと切除したい派なんですけどね。先生が「顔だからね」となかなか切除してくれない。今では全然目立たなくなったので、平気なんですけどね。いつの日かざっくりいこうと思います(笑)。

    返信削除