2011/07/05

再会と、これからの目標

早起きして、A社に出勤。最初の頃は乗り慣れないバスで緊張してたけど、ようやく慣れてきた感じ。でも、定期券外の場所なので、余計に交通費がかかるのが痛い。ま、ちゃんともらえるんでいいんだけどね。今日の作業はちとしんどいうえに、いろんな要求をされ、集中力を働かす。ぐるぐる。どうもね、脳みそに無理させるとおなかがすく体質らしい。いつもはお昼は軽く済ませる程度なんだけど、がっつりお弁当食べた。

派遣先では社員さんみんな出かけてぽつんとひとり。ただ、片づけたいことがたくさんあったのでちょうどよかった。でも、忙しいのか、1本のメールも電話もない。いいんだけどさ。ただ、上司がほとんど休んでないのが心配。そういう業界なので、仕方ないんだろうけど。最近、たまに「オレの代わりにココ行ってくれない?」と笑って言うことがあるんだけど、なんとなくその言葉の1%くらいは本気なんじゃないか?と思う。それだけ忙しそうなんだよねぇ。でも、立場的に無理だからさ。ぎょめんよ、上司。

帰りに。横断歩道を渡っていたら、向かい側から見たことある女子が歩いてきた。お互いで「なおさん!」「Yさん!」と名前を呼び合い、横断歩道の真ん中でハグ。その時は何にも思わなかったけど、あとで考えるとかなり恥ずかしい(爆)。で、そのYさんは前の派遣先の子で。前の派遣先は他の会社に統合され、佐世保から事務所がなくなってしまって。その統合された会社に行った子もいれば、Yさんのように辞めた子もいるワケで。勤めている頃は、結構仲良かったんだけど、互いに連絡先を交換してなくて。なんとなく「どうしてるかなぁ」と頭の隅では思っていたけど。

すると、今は職業訓練で講座を受けているらしく。場所を聞いたら、アチキの派遣先のめっさ近く。「んじゃ、ランチしよう!」と約束。ちゃんと連絡先も交換して。ああ、何か嬉しい。気になっていたから余計にね。新聞の占いで「懐かしい人に会う」って書いてあったことを思い出して「たまには当たるんじゃん」と笑った。

-----

派遣先で新聞読んでたら。ほんわかする読者の投稿があって。1ヶ月間NYで生活をしたという72歳主婦。若い頃から行きたくて、ようやく「行こう!」と決めた年齢が72歳。お子さんにインターネットでアパートを探してもらったり、英語の勉強をしていざ出発。とても楽しく過ごすことができたようで。その旅に家族が快く送り出してるところがすごいなぁ、と。

なんとなくね。40歳を超えてから、キミョーに年齢を気にするようになったような気がしていて。何かしら理由をつけてあきらめる方向が多くなってきたような気がする。あと、カラダの変調も関係あるかも。でも、これ読んだら、自分が情けないというか。「穏やかに過ごしたい」なんて言うのって、まだ早いよね、なんて思ったりして。パソコン教室を手伝っている頃、60代〜70代の人が何でパソコンを習おうとするんだろう?単なる見栄張りなんじゃないか?なんて疑ったことも。でも、全員がそうではなくて、目標があって、自分でハガキを作ったり、チラシを作ったり。とても楽しそうな人もたくさんいて。

好きなこと、やりたいこと、夢を叶えるには年齢なんて関係ないのだと。「穏やかに過ごしたい」って言うのは止めよう。これから「楽しく過ごしたい」って言おう。そうしよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿