2011/08/11

必要な人間

派遣先→友だちの会社で仕事。嫌いな社員さんとの間で起きたモメゴトを上司にグチる。すると、上司もその社員さんの尻拭いしてたことを知る。その人の存在で仕事に支障が出ている。上司がカラダ壊さないことを祈る。

ちと、友だちがミョーな人にしつこくされて困っていた。今日その人のところに納品しないといけないモノがあるんだけど、ひとりで行くのが怖いからついてきてくれないか?と頼まれ。

とりあえずアチキは車の中で待ってて。何か起きたような気がしたら降りる感じで。車の中から見てても様子がおかしかった。精神的におかしいというよりも、何かにとり憑かれてる風な印象。友だちは「どうにか助けてあげたいけど、まず彼女の言ってることが理解できない」というので「こういうのは素人が手を出さない方がいい。心配なのはわかるけど、プロ(医者等)に任せた方がいい」とアドバイス。

なんとなくね。思ったんだけど、誰もがその彼女のようになってしまう可能性はあって。アチキももちろん、アチ毎を読んでるあなたも。だからこそ叱ってくれる友だちが必要なのだと。自分を冷静に見てくれる友だちが必要なのだと思った。本当は家族がそういう存在だといいんだけど。アチキの家族は期待できないから。

0 件のコメント:

コメントを投稿