2011/09/08

もうダメかもしれません@マンハイム


ホテルで朝食。そして、チェックアウトして。神様のおばあちゃんとハグって。向かうはマンハイム。「地球の歩き方・ドイツ版」を見たことある人は気づくかもしれないけど。マンハイムの情報って少なくて。ネットで調べても思うような観光情報が出てこない。

ま、メインはGくんなので観光なんてどうでもいいんだが(笑)。ただ、会場であるSAPアリーナまでの交通網がいくつか候補があってどれが1番いいのか、よくわからず。イベント時は中央駅からの直行バスが出るとか出ないとか、なんて情報も。中央駅近くのホテルだったので、そういうバスがあるといいなぁなんて思ったり。

ホテルにチェックインして、フロントで電車の路線図をもらって。そのホテルは中央駅にも近いんだけど、市電のTattersall駅にも近く。なんと、その駅から会場近くの駅まで1本で行けることを知って安堵。中央駅からだと1回乗り換えしないといけない。なんてラッキー。安心してお散歩観光。


まずは、マンハイムの象徴と言われる給水塔、そして日本でいう銀座みたいな通りであるプランケン・ハイデルベルガー通りをお散歩。この通りにはガラスキューブでできたホロコースト記念碑があって、マンハイムのユダヤ人犠牲者のために建てられた。ガラスにはその犠牲者の名前が並んでいる。


パラーデ広場を横目に目的地であるライス-エンゲルホルン-ミュージアムへ。いろんな展示のある複合のミュージアムらしく、アチキは写真コレクションのコーナーに行きたくてフロントで尋ねたら、なんと!今はお休み中なんだと。がっかり。ああ、ネットで調べておけばよかった。他のコーナーは特に興味がないので、仕方なく出てきた。

そして、お腹がすいたので、ライブ前にしっかり食べておこうと、KAUFHOFというデパートのビュッフェ式のレストランへ>コチラ。こういうとこだと自分で量を調整できるから嬉しい。困った時のKAUFHOF。ドイツに来たら1番お世話になっているデパートかも。そして、イエズス教会、選帝侯宮殿を見て、一旦ホテルに戻る。


ちと休憩して、着替えてSAPアリーナへ出陣(なんだそれ)。市電にも無事に乗れて、会場到着。ボックスオフィスでチケットを引き取り、座席へ。今回は昨日と違ってスタンド席。落ち着いて観られるかと思いきや、ステージ真横でかなり近い。ただ、昨日よりは冷静に聴けたかも。オーケストラの音もよく聴こえたし。昨日は本当にテンションが高かったアチキ。ってか、周囲の客層がアリーナとスタンドでは全然違う。


Gくんの魅力は何といってもライブだ。生でこの歌を聴ける幸せ。ゲイってことや薬物中毒等で名が知れてしまっているのは非常に残念で。ファンにとってはそんなことどうでもいいって感じ。もちろん肯定してるワケじゃないよ。でも、どうにか乗り越えようとしている姿勢をアチキは応援していきたいのでR。ああ、アチキが大金持ちだったらスポンサーになって来日してもらうこともできるのに。ああ、悲しき貧乏人。ぐすん。

ライブ途中で、Twitterに画像アップしてたらGくんのスタッフアカウントにリツイートされ、そして、それを世界各地のファンにリツイートされ(驚)。それがキッカケで思わぬ出会いもあったりして。ステキな副産物。日本にファンが少なくてもいいのら、世界が相手だ、おりゃ(意味不明)。そんなアチキのラストライブ@マンハイム、終了。社会復帰できるのか、大丈夫か?>アチキ。

0 件のコメント:

コメントを投稿