2012/02/13

チーズとワイン

契約先で黙々と仕事してたら。別部署のEさんから電話が来た。「なおさんに贈り物をしたいので、よかったら自宅の住所を教えてくれない?」という内容。どうしたんだ?と思ったら、PC関連でいろいろお世話してもらったお礼だというのだ。いやいや、50円でいいのに(爆)。デパートで購入して、宅急便の伝票に記入しているようで。お言葉に甘えていただくことにした。

「Eさん、申し訳ないんだけど、どんなモノを?」と聞くと「それは内緒で」と言われ。そんなつき合いも深くないし、アチキよりも年下の男子だし。もしや?と思って「もしかして食べモノだったりします?」と聞いたらビンゴ!で。

ア「よかったら、どんなモノか教えて〜」
E「お楽しみは着いてからで」
ア「いや、実は偏食ヒドいんですよ。だから食べられないモノだったら申し訳ないんで」
E「ええっ!そうなんですか。こないだの飲み会でチーズ好きだって言ってたから、いろんな国のチーズを…ダメでしたか?」
ア「ああっ、チーズならOKです。大好きです。ありがとうございまーす!」
E「でも、言っちゃってつまんなくないですか?」
ア「いえいえ、チーズが届く楽しみができましたよ〜」

Eさんと話をしてて、本当にアチキってつまんないヤツだなと。サプライズで喜んでもらおうというココロを踏みにじるというか。こうやって人を傷つけて生きてきたんだな、なんて。それをヨシとしてくれる人がつき合い続いてるんだろうなぁ。ちょっと損して生きてる気がして。ぎょめんよ>友だち軍団。

-----

秋に開催されるハウステンボスのワイン祭り。昨年、企画のエラい人がお客さんにアンケートを取っていた。その時に「春にも開催して欲しいという声が多いんですよ」的なことを言ってた。アチキも「それはいいっすねぇ、開催されたら必ず行きますよ!」なんて言ってたら本当に叶った〜>お花見サンヴァンサン。秋よりもワインの種類は減ってるけど、いいのだいいのだ。楽しければいいのだ。2〜3回行ってしまいそうな予感。羊羹。

0 件のコメント:

コメントを投稿