2012/02/19

イーストウッドとディカプリオ

今回泊まった宿はフォルツァ大分。Nちゃんと打ち合わせして予約。これまたきれいなホテルで。で、Nちゃんと朝食デート。アチキはだんご汁定食。朝からすごい量だったけど、完食できた。しかも高菜ゴハンが激ウマ。調理法聞きたかった〜。で、皆さんとお別れして。アチキは一路佐世保へ。

本当はゆっくり観光とかしたいんだけど、日曜は休息日って決めてて。早めに帰宅して、掃除・洗濯したいのよ。大分→博多→佐世保と乗り換えて無事に帰宅。楽しい旅だったよ。

-----

ちと書き忘れていたこと>「J・エドガー」(予告編が流れるよ!)鑑賞。クリント・イーストウッド監督とレオナルド・ディカプリオのタッグ。J・エドガーとはFBIの初代長官であるジョン・エドガー・フーヴァーのこと。年代的に、史実ネタががっつり出てくるのかと思いきや、イーストウッド監督は違う視点で描いていた。やられた、これはやられた。

ジャンルでいうと、これは歴史映画ではない。切ないラブストーリーだ(大きな意味での)。フーヴァーのことは初代長官ってことと、盗聴やら恐喝などといったイメージが強く。そういうのがオモテに出てるんだと思い込んでいたら。裏切られた〜。ってか、切なくて泣いた〜。人種差別主義者だったのに、晩年雇っていたのが黒人のメイドってことにも驚いた(これも事実なのかしら?)。アチキ的にはお気に入りだったわん。

0 件のコメント:

コメントを投稿