2012/12/08

この日に…


ふと、2年前はNYでこの日を過ごしたなぁと懐かしくなり。本当に時間経つのが早い。年月が過ぎるごとに、40歳という年齢がどれだけ若かったか、思い知らされる。たくさんたくさんやりたいことあっただろうなぁ。まだまだ歌っていたかっただろうなぁ。何でこんな亡くなり方だったんだろう?と胸がしめつけられる。だから必死で生きないと!とこの瞬間は思うんだけど、なかなか上手くいかないよ(涙)>ジョン。いつもいつも惑っている。幸せだとは感じないけど、とりあえず不幸ではない。それでOKだと思っている。のん気すぎ?(爆) そんな今日はジョンのおかげ(?)で、ちょっとイイコトがあったよ。

-----

ようやくB社の仕事終了〜。お疲れ〜>アチキ。後片づけが残っているけど、それは来月入ってから。本当に無理無理なスケジュール組んでやったんで、終わったことが奇跡に近い(大げさ)。最終バスで帰ることも多かったし、そこまでやってるというのはタイムカードでわかるんだけど「遅くまでお疲れさま」って誰もひと言も言ってくれないのよ>この会社。やって当たり前的な雰囲気。それが1番許せなかった。非協力すぎ。まかせすぎ。しまいにゃ、事務のおっさんがお客を怒らせて、アチキが謝りの電話を入れて事情を説明するというありえない尻ぬぐいもあった。

この仕事は毎年この季節にやってくるんだけど、体力的にもスケジュール的にも無理なので「今年で最後」という約束で引き受けた。でも、絶対来年になったら連絡してきそうなので、引き継ぎマニュアルを作って渡してきた。来年は着信拒否してやる。ニヤリ。

0 件のコメント:

コメントを投稿