2013/01/31

おめでとうございます〜


契約先の忘年会で、上司にがっつりお金出してもらって。払おうと思っても「要らない」と受け取ってくれない。Uくんと「やっぱりちょっと悪いよね…」と気にしていて。ふと思い出したのが、もうすぐ上司の誕生日。Uくんと話し合って、お金を受け取ってもらえないならお誕生日に何か2人であげようと企画。お誕生日飲み会を開催して、お代は2人で払うってことも考えたけど絶対「オレが払う」って言いそうなので却下。忘年会の日にバッグを水たまりに落として「洗ったら底がぐにゃぐにゃになった」と言ってたので、バッグを候補にあげたんだけどぐにゃぐにゃになっても使えていたし、お気に入りのバッグっぽかったのでそれも却下。酒飲みに酒あげるのもなぁ(前にお土産で渡したこともある)。Uくんと悩む。

上司は単身赴任で、まったく自炊しない人で家に包丁や鍋がないという。ただ、年末にマルちゃん正麺を食べたいから、と近所のスーパーで片手鍋を買ったと自慢していた。飲み会の時は必ず野菜サラダを頼む。「家で食べないからね」と話しながらむしゃむしゃ食べている。そこで、使わないかもしれないけど、包丁とまな板をプレゼントしてみようか?と。そして、ものぐさなことを考えて。シリコンのスチーマーがあれば、野菜切ってスチーマーにぶっこんでチンすればできあがり。ついでにお肉やお魚も簡単に調理できるし!とUくんと盛り上がる。予算決めて、もし余ったらシャンパンのミニボトル付けようということに。

で、今日プレゼントを渡すことに。本当は数日後なんだけど、仕事や用事が重なっていて、2人であげられるのが今日だったので。上司に「ちょっとお話があるんですけど…」と神妙な顔で話しかける。「何?何?」と上司。「もうすぐお誕生日ですよね。はい、ケーキとプレゼント。Uくんと私からです」「ええっ…」とおどおどし出す上司。ちと嬉しそうにプレゼントを開ける様子に、Uくんとアチキもワクワク。3人でケーキを食べながら、プレゼントを選んだ経緯などを話す。でも、ちと上司の様子がおかしい。「もしかして迷惑でした?」と聞いたら「いや、嬉しいんだけど…こういうのって戸惑うし、恥ずかしいんだよね」と苦笑い。そういえば、Uくんの奥さんが出産祝いのお返しを持ってきた時も恥ずかしがって受け取ろうとしなかったし。「ちょっと作ってみようかな。まずは温野菜から」と上司。少しお返しできてよかった。

-----

今日はちと悲しくて、でも嬉しいとも受け取れるメールが届いた。遠回りしてようやく気づいたのか。自分の選択肢が増えた。どうするんだ?>アチキ。これからゆっくり考えよう、どんな結果だろうとちゃんと受け止めよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿