2013/02/03

離婚と越境ときりたんぽビートルズ@東京

今日は、アチキが東京で社会人デビューした頃の1つ上の先輩、Aちゃん&Sちゃんとランチ。なんだかんだでつき合い長い関係。2人共ちと郊外に住んでいるので、アチキのためにわざわざ都心に出て来てもらうってなカタチ。申し訳ないなぁと思っていたら「だって、なおちゃんはもっと遠くから来てるじゃん」だと。ま、確かにそうなんだけど(笑)。

Aちゃんリクエストで、パエリアランチに決定。ただ、アチキの場合、難関があって。パプリカが食えない。大抵のパエリアには入ってるだろ? ただ、その店には数種類のパエリアがあって、パプリカの入ってないパエリアがあったー。ということで、イベリコ豚とキノコのパエリアに決定。

今回の議題はSちゃんの離婚。メールでは連絡くれたけど、詳細は聞きづらく。今回のお誘いもちと迷った。でも、話したくなければ来ないだろうし、逆に嬉しそうに「会いたい」と言ってくれたんで、もう吹っ切れたんだなと勝手に安堵。ゴハン食べながら詳細を聞いて。懸念していたドロドロ事項はなく、こういっちゃ何だけどSちゃんらしい決断というか、清々しい印象。きっとこれから大変だろうけど、ちっともくよくよしてないSちゃんが頼もしく見えた。ふと思い出したのが、出会って仲良くなった理由。このサバサバ具合が居心地よくて、ついついくっついってった感じ。多分アチキが男前と呼ばれる原因のひとつには、このSちゃんの影響があると思う。

場所を変えてお茶る。いつもだったら、昔話で盛り上がるんだけど、Sちゃんの離婚の件が中心だったせいか、これからどう生きていくか?と割とマジメに話す。つき合いが長いと、互いの性質もわかりきっているから、ちゃんと受け止められるんだよね。大切にしなくちゃいけない縁だよなぁ…としみじみ。

2人と別れて、新宿へ。上京したら必ずやることの1つが映画を観ること。地元では観られない映画をね。今回は「明日の空の向こうに」という、一瞬キラキラした青春映画っぽいタイトルだけど、内容は反してシビア系。自由な生活を手に入れるために、旧ソ連の某国から国境を越え、ポーランドに入国しようとする子どもたちの話。

元々子ども映画は苦手なので、中盤まで続く無邪気な子どもたちのロードムービー的な演出は実にだるく。正直観にきたことを少し後悔し始めたけど、越境して大人が絡んでくると展開がガラリと変わる。結末は「ま、そうなるだろうな」と普通の流れ。ただ、子どもでさえも「自由に生きること」=国境を越えるという認識があるということは、日本でぬくぬく暮らしている自分らにとっては理解しがたいことだよなぁ、と。

映画を観るのは老若男女、まったく関係ないとは思っている。誰が何を観ようと勝手なんだけど、客席に4〜5歳の子どもを2人連れてきてたお母さんとおばあちゃんがいて。何がツボだったのか、ずっとケラケラ笑うのだ、その子どもたちが。多分ロードムービー的なとこで、子ども同士のじゃれ合いだとか、そんなんが面白く見えたのかもしれないけど、正直その笑い声がすごく邪魔でイライラした。途中でお母さんも「静かにして」と何度も小声で叱るんだけど、ちっとも言うこと聞かない。だったら途中で退席して欲しかった。どういう経緯でこの映画を観せようと思ったのかわからないが、オールロシア語で字幕、男女のSEXシーンは出てくるし、ちゃんと理解できたのかどうかわからない。勝手なモノの見方をしてしまうが、親のエゴだと思った。ちゃんと世代にあった映画を観せるべきだ、とアチキは思った。

カリカリしながら品川へ向かう。ビートルズ絡みの友だち軍団ときりたんぽ鍋を囲む会を開催。品川に「あきた美彩館」という秋田の名産品を販売しているお店があって、その中のレストランできりたんぽ鍋が食べられるのだ。地元できりたんぽ鍋を出してる店なんてないからね。

この軍団ってば「どうせスカイツリーとか興味ないから行ってないんだろ?」「をれがお前の背中押してやったもんな」「ヘンな映画観てきたんだろ?」とか、結構アチキの扱い方がヒドい(笑)。何様だ、お前ら!と一瞬思うものの、アチキもヤツらに、同じようにヒドい扱いをしてるのでどっちもどっちだ。

我々年季のはいったビートルズファンなもんで。キミョーなことで異常に盛り上がってしまう風潮がある。アチキは若いビートルズファンから「オレもビートルズファンなんですよー」と言われても「お前とはレベルが違う。一緒のステージに立つな」とぶった切って撃沈させるタイプなんだけど(酷)。

前に、ある20代男子で「好きなアルバムは『ヘイ・ジュード』です」って言った子がいたんだ、という話をしたら3人共「そいつはすごい!」と感動。アチキもそれを聞いた当時はぶったまげて「お前はファンだって認めてやる。ステージあがってヨシ」と言ったくらい(笑)。それからしばらくアルバム「ヘイ・ジュード」の話。海賊盤の話やら、ロスレノのジャケが素晴らしい話やら。ああ、ビートルズ話ってやっぱり楽しい。自分はやっぱりファンなんだよなぁと再確認。

ちと面白かったのが、隣のテーブルの若者が2対2の合コンやってて。おっさん3人とおばちゃんのアチキで、やたらチラチラ気にしちゃったり。きっとうるさかっただろうなぁ、迷惑かけてぎょめんよ(笑)。そんなみんなと食べたきりたんぽ鍋・その他は「食べメモ」へ。

宿に戻ったら喉の調子が悪い。しゃべりすぎ、笑いすぎかと思ったけど、どうも風邪っぽい感じ。気温の変動にカラダがついていけてないような気がしたし。おとなしく寝よう、そうしよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿