2013/07/17

トムさんのオーラ

ここんとこずっと仕事が忙しかったんだけど、ちと落ち着いた風で。珍しく定時で帰ることができて。でも、残業することを計算して、実は映画を観に行こうと思っていたので、逆に空き時間ができてしまった。映画観に行こうかどうか悩んだけど、ふらふらと買い物でも行こうか、なんて。お気に入りの洋服屋さんによると、悲しいかな、バーゲン中(なんだそれ)。今月はアチキよく頑張ってるし。ご褒美で買ってあげなよ!という悪魔の声。というワケで、シャツを買ってしまったじゃないか(涙)。

でも、お気に入りの洋服屋が職場から歩いてすぐのところにあるのはとても幸せ。ま、危険ではあるけれど。そこは通販もやってるんで、買おうと思えばいつでもどこでも買えるんだけど、やっぱり洋服って実際に素材とか見たいし、試着もしたい。月に一度くらいふらっと覗く程度のサイクルで。

で、観た映画は「オブリビオン」。早く行かなくちゃ!終わってしまう!と焦って。福岡市内でも続々終了していて。見逃したらトム・クルーズファン失格じゃないか、とワケわからんことも思ったりして。ただ、内容的にまったくときめかなかったので、あまりストーリーをチェックせずに行ったら、なかなか面白かった。モーガン・フリーマンが出てると聞いていたけど、一体どこで出てくるんだろう?って思うくらいの時間の長さ。ちともったいない使い方じゃないか?と思ったけど、インパクトは強かったのでそれを狙ったのかもしれんなぁ。

もっとSFな感じかなと思ったけど、全然そんなことはなく。愛に溢れてた、こういうのトムさん好きだよなぁ。ストーリーはネタバレするとアレなので書かないけど、そうね、SF版の「ラストサムライ」的な感じか。

ただ、この「オブリビオン」もそうだし、前回の「アウトロー」もそうだけど、トムさんのオーラがまったくない。普通の人なのだ。役柄なのか、それを狙っているのか。だからサラーッと観てしまって「うおおおっ、トム・クルーズええなぁ」と思わなくなってしまった。決して嫌いになったワケじゃないんだけど、イーサン・ハントはドキドキするし、めっさオーラ感じるワケで。そんなトムさんが観たいなぁ。おっさんになっちゃったってことなのか(謎)。

0 件のコメント:

コメントを投稿