2013/08/10

おやすみ、おばあちゃん

夏休み1日め〜。昨日の夜のうちに実家に戻り。目覚ましセットしないで、お昼くらいまでぐっすり寝ちゃおうという魂胆。ニヤリ。ところが、ふと目が覚めたら朝7時半。いつもよりも早く目覚める(始業が10時なので、いつもは8時半に起きている)。休みの日くらい寝てくれよ>アチキの脳みそ。二度寝して、目覚めたのは9時。まだ眠れるやんか!と思って、三度寝。次に起きたのが11時。お昼くらいに起きようと思ってたのに、ちと早め。でも、もう完璧に覚めちゃったので、仕方なく起きることにした。

実家に帰ってきたら、じゃがいもと玉ねぎ地獄だった。親が友だちにもらったらしく。量がハンパない。久しぶりにコロッケでもつくるか!と一瞬はりきったけど、こんな暑い中に油もん揚げたくにゃい。即、却下(笑)。レシピ探そう。

友だちの会社で仕事。何とかお盆休み前までに片づけておきたかったので。帰りに、友だちの子どもが他県に就職するというので、壮行会的なゴハン会に参加。いつものタイ料理屋さん。そういえば3月の送別会以来。生春巻き、美味い!汁そば、美味い!鶏肉のバジル炒め、辛いけど美味い!オーナーの日本語も不思議で面白い!やっぱりここの店は美味いわ。佐世保を出たことは後悔してないけど、ここになかなか来られないのはちとツラい。ま、帰省した時に時間作ればいい話なんだけど。場所がちと不便で、車持ちの友だちが一緒じゃないとまずい。行こうと思えばバスでも行けるんだけどね(笑)。他県に行くAちゃん、頑張れよ。ツラかったらいつでも帰ってこい…なんて簡単に言っちゃいけないね。

-----

朝、何度か起きた時にメールに気づき。Kちゃんから「おばあちゃんが亡くなった。なおちゃんにはお世話になったから、知らせておくね」という内容。折り返しメールして、お通夜とお葬式の日時を聞いたら今日がお通夜だという。喪服は福岡にあるので、普段着で行くとしたらお通夜の遅い時間がいいだろう。

眠るように亡くなったと聞いて、少しホッとした。94歳という大往生。まったくの他人で、しかも孫の友だちという関係なだけなのに、何故かよく可愛がってもらった。晩年、認知症を患ってしまい。数回病院に面会に行ったけど、何故かアチキのことは覚えてたらしく、ちゃんと「なおちゃん」と呼んでくれていた。

認知症じゃないか?と思い始めた時期に、週に一度デイサービスを利用していた。その時、おばあちゃんから「デイサービスに行きたくない」と相談されて。嫌がる理由を知りたくて、おばあちゃんの家族に頼まれて一度デイサービスに付き添ったことがある(おばあちゃんから「なおちゃん、付いてきて」とお願いされたこともあって)。

アチキはこの業界のことはよくわからない。ただ、ヘルパーさんたちの話しかけ方が小さい子どもを相手にしてるようで、ちと失礼な印象を受けた。例え病気であっても、相手は立派な大人なのに。それが悪いとは思わないんだけど。それがその施設のやり方なんだろうけど。ちょっと違うんじゃないかって思ったんだよね。その時、おばあちゃんはずーっとアチキの手を握っていたのを覚えている。でも、それはアチキの勝手な印象なので、おばあちゃんの嫌がる理由ではないかもしれない。でも、その感じたことを家族には話した。それから確かデイサービスに行くのを止めたんだよな。

いろんな思い出をKちゃんと話す。意外にたくさんあってビックリ。しばらくはバタバタするだろうけど、落ち着いたらゴハン行こうね、Kちゃん。ゆっくり眠ってね>おばあちゃん。合掌。

0 件のコメント:

コメントを投稿