2013/08/25

カッコつけたい

今日は休み、休み、休み! どこにも出かけない休み! 部屋の片づけを黙々と。そして、時々シフォンケーキ休憩(なんだそれ)。昨日買ったヤツね。美味いわ、美味いわ〜。2日間で食べきってしもた〜。片づけしてると「ああ、これが欲しい、あれが欲しい」とどんどん出てくる。ニトリ行きたい〜。でも、今日は天気が悪いので止めた〜。

-----

こないだ美容室で「週刊朝日」をパラパラとめくっていたら。内館牧子氏が連載コラムに読売新聞の人生案内の件を取り上げていて(他の出版元の記事を取り上げるのもどうか?と思うけど)。パソコンが理解できなくて苦悩する30代主婦の悩み相談だった。それに関して、氏があれやこれや言うてるんだけど、あまり覚えてない(爆)。

その悩み相談を読んでいたら、前にパソコンを教えてた頃のことをふと思い出して。基礎的なことを3ヶ月かけて教わり、たった3ヶ月でわかったつもりになって、面接で「パソコンできます」って言ってしまって、入社して、結局ボロが出て2ヶ月くらいで会社を辞めた女子がいた。WordやExcelを上手く使いこなせない某学校の先生に泣きつかれて、代わりにいくつものファイルを作ってあげるという影武者的な仕事も引き受けたり。

その悩み相談主は「希望の職種がパソコン必須なので…」と言ってて。だったら、勉強すればいいじゃん。世の中を恨めしく思うんじゃなくて自身で努力しなよ、と思ってしまった。もしくはパソコン必要ない職種を探しなよ、とか。実はアチキの職種はまったくWordやExcelが必要ない職種。そうね、パソコンを使うとしたらネットで調べる程度。

パソコンを教える仕事から離れて、ラクになったことがある。全員がそうだと言わないけど、教わる人々の驕りを目の当たりにしなくてよくなったこと。そりゃ、できないよりできた方がいいのは理解できる。ただ、教わる姿勢が間違っている人が多すぎた。「私はパソコンができます」と周囲に言いたいだけ。「パソコン教室に通ってます」と周囲に言いたいだけ。それなのに、人にチラシ作りとか頼まれたら「先生、助けて〜」と泣きついてくる。お前が周囲に吹聴するからだろうが(怒)。イライラの根源の1つだったなぁ。そういうイライラがなくなってよかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿