2013/11/15

アチキのファースト・ポール!


平日休むのはちょっと難しい職場なんで、早退しようかとも考えた。でも、多分仕事にならない気がしたから、休ませてもらおうと。前々から届け出ていたものの、やはり仕事は大量で。休んでる場合じゃなかったんだけど「観ておいでよ!」と笑顔で送ってくれた同僚たちに大感謝。午前中に荷物が2個届く予定で、1個は無事に届いたのに2個めが届かない。調べてみたら、なんと!実家宛に送ってた(涙)。実家にいる頃から使っていたショッピングサイトで、登録している住所が実家のままだったよ…。しかも今日必要なモノだったので、急遽キャンセルして迷惑かけてしもて。ってか、やっぱりどこかでテンパってる自分がいる。そう、今日はアチキのポール・マッカートニー初日。

とにかくその必要なモノをどうにかしないとと思っていろいろ考える。相手にも許可もらって何とかなった。このロスで行こうと思っていたとこに行けず。あと、平日にしか行けない役所関連回って、博多駅へ。そういえばお昼食べてないことに気づいて。これからが長いので、しっかり食べておこうと思って定食屋さんへ。時間も時間だったので、もうすでに日替わり定食は終了。こういう時にしか魚もんを食べる機会がないので、焼きサバ定食。初めて入った店だったけど、女将さん的なスタッフが実に気持ちイイ対応で。何だかまた来よう、なんて思ってしまった。

そして、買い物を済ませて、少し早めだったけどヤフオク!ドームへ。大阪情報で「グッズ買うのに並ぶ」と聞いていたので、早々にグッズ買って、ぼんやりお茶したり、ホークスタウンを久々にウロウロするのもヨシ、なんて考えて。すると、大分から参戦するYさんも早めに着いて。久々に会っておしゃべり。すると、FさんとSさんがひょっこり現れて。Fさんに超会いたかったんで思わずハグ。何度もハグ。アチキより10歳ほど年上の姉さんなんだけど、ポールへの愛情がハンパない。

すると、どんどんネット上でやり取りしてた方々が話しかけてくる。ほぼみんな九州以外から参戦。1番遠い人で青森から来たSさん。一旦青森に戻るなんてできないから、大阪2日間観て、福岡へ移動。そして東京3日間観て、ようやく帰路。ポールおっかけの旅だ。新潟から来たBさんは仕事の合間をぬっての参戦。明日は仙台に出張なんだと。新潟から福岡に来てポール観て、翌日仙台に向かって仕事。す、すごすぎる。他は関東・関西勢がぞろり。ポール愛ってすごいわ。自分の生ぬるさを反省。

関西からやってくるYくんは仕事終わりで福岡入り。ギリギリになると言ってたので「欲しいグッズあったら先に買っておこうか?」とiMessageしたらトートバッグ、タオルマフラー、ピンバッジセット、キーチェーンをリクエストされ。すると、かなり早い時間だったのにキーチェーンが売り切れ。それ以外はゲット。Yくんが到着した時に「いくらでしたか?」「合計で5,000円」というと、財布から出してきたのがコンサートのチケット(笑)。「ああ、何やってるんでしょう!」と慌てて5千円札を差し出すYくん。誰もがテンパっている(爆)。

開場時間が近づいたので、それぞれ入口ゲートに向かう。アチキは関西からやってきたMち、Kちゃん、Yくんと一緒に観る。もちろんこの3人は大阪で観ている。数日前にちと閃いて4人でおふざけ大作戦を決行。4人のほっぺにP-A-U-Lとシールを貼る(バカ)。


さて、これからはセットリストにも関わるから知りたくない人は読まないでくれ。しょっぱな"Eight Days A Week"で始まり。いくら世界のポールといえども、71歳のおじいちゃんだ。大阪で盛り上がったらしいけど、声は厳しいんじゃない?という疑いはココロのどこかにあって。でも、1曲めから「ごめん、ポール」と反省。こんな声の出る71歳がいるんだ!本当に。だがしかし、2曲めは新譜からで。アチキはもちろん新譜は買ってない(おいおい)。とりあえず"New"と"Queenie Eye"だけはチェックしておいたんだけど、この2曲めは聴いてなかった。てへへ。今日のなおさんキョトン曲・その1。

"Listen to What the Man Said"が終わった瞬間、Yくんがチラッとアチキの顔を見てニヤリ。「なんだ?」と思ったら、特徴あるギターの前奏が! うおーっ! "Let Me Roll It"じゃーん。そう、アチキはこの曲をライブで聴くのが大好き。それをYくんは知っているのだ。やるねぇ。途中でボロボロ涙出てきて。ああ、また日本で聴けたなぁという感動の涙なのか。謎。もう1曲、涙出たのは"The Long And Winding Road"。そんなに大好き!という曲でもないんだけど、この曲ってさ、ザ・ポールだよね。ココロに染みたんだよね、きっと。

中盤で印象深かったのは"Blackbird"。アコギ1本で歌い上げるポール。どんどんステージがせり上がっていく。1968年に録音されたポール声よりも、71歳のポール声の方がいいなぁと思ってしまった。味わい深いというか。公民権運動について歌った曲だと説明するポール。そういえば、ビートルズの曲でこういう史実を知ったり、なんてこともあったなぁと若かりし頃を振り返る。


そして、ようやく新譜から知ってる曲登場。"New"だ。Yくんの息子・Hくんもふんふん歌いながら登校しているらしく、負けてられない!と思って歌詞を覚えてったよ。覚えてる時は何とも思わなかったけど(おいおい)、こうやってライブで聴いてるとなかなかポップで可愛いじゃないの。

そして、前奏が流れた瞬間「ウソ!」と叫んでしまった"All Together Now"。ちょっと恥ずかしい感じがして、照れながら一緒に歌うと、どんどんノリノリで楽しくなってきて。終わった瞬間、Kちゃんに「こんなに盛り上がるとは!」と言うと「でしょう!私もビックリ!」と、みんな同じ気持ちだったことを知る(爆)。

今日のなおさんキョトン曲・その2の"Everybody Out There"。聴いてないので、いろんな合いの手に乗れず。ううう、ぎょめんよ>ポール。意外な選曲だなと思ったのが"Being For The Benefit Of Mr. Kite!"。ジョンボーカルからこれを選んでくるとはなかなか渋い。そして、ジョージボーカルからはウクレレ演奏の"Something"。この曲がないとポールのライブじゃない!と思うのは"Band On the Run"。やっぱこれはすごい。言うことなし。

"Back In The U.S.S.R."が終わった瞬間、他の3人がバッグをごそごそし始めたので、何事か?と思ったら"Let It Be"だった。そう、キラキラ大作戦だ。アリーナだったので会場全体がわかりにくく、どのくらいキラキラしているのかわからなかったけど、スタンドでもちゃんと振ってくれてる人がいて感激。東京、頼むぞ〜。

ラストの"Hey Jude"は大合唱。そして、アンコールタイム突入。"Hi Hi Hi"が終わって、ポールが"One, Two, Three, Four!"と叫んだ瞬間、他の3人が「ええーっ!」と叫ぶ。あとで聞いたら、大阪では"Get Back"だったらしい。なので、そんな叫び声だったのか、なるほどなるほど。

そして2度めのアンコールで、疲れて喉もボロボロだろうに、何でそんな構成にしたんだよと思わず心配してしまった"Helter Skelter"。でも、ポール歌いまくり、シャウトしまくり。何なんだ、この71歳は! おいっ! オーラスは例のメドレー。"The End"の歌詞はいつ聴いてもココロ打つ(涙)。

And in the end the love you take
Is equal to the love you make

こうやってアチキの初日は終了。燃え尽きた〜。ってか、3時間近く、37曲を歌い続けるポールに参った。自分が「年取ったなぁ」なんてぶつぶつ言えない。こんな71歳がいるんだもの。負けてらんない(なんだそれ)。ありがとう♪>ポール。チカラもらったわ、マジで。こんなことを今さら言うのは遅いと思うんだけど、あと東京公演3回、大ファンじゃなくても洋楽好きは絶対観ておいた方がいいと思う。アチ毎見て行こうと思う人はいないと思うけど(もしくはすでにチケットを持ってると思うけど)こんなカッコいい71歳いないよ。日本は最後かもしれないけど、アチキ、多分海外まで観に行くと思うわ(爆)。お金貯めようっと。

-----

友だち軍団と待ち合わせしてたら、いろんな人と再会。前に福岡に住んでいたNさんとバッタリ。思わずハグ。今はなんと埼玉にいるんだとか。人生いろいろだなぁ、というアチキも佐世保出て福岡に住んでるし。ある程度人数が集まったので、飲み会のお店を予約して博多駅方面に向かう。無事に席について乾杯! しょっちゅう会ってる人もいれば、今日一緒に観たKちゃんは実は11年ぶりだってことに気づく。前回のポールぶりかよ(笑)。SNSで繋がってるんで、会ってない感覚がなかったんだよね。大阪で集合しようぜい。

みんなでライブの話で盛り上がる。サラダが来た時に、Kちゃんが「Go veggie!」と言ったのを、何故か「神戸牛」と聞き間違え。「Kちゃん、何言ってんだろ?」とココロの中でクスクス笑ってしもて。でも、瞬時に気づいた>Go veggie。ポールのライブ後だというのに、何ともお恥ずかしい。脳みそ肉まみれでぎょめん。そして、アチキは翌朝早いのでお先に引き上げ。みんな楽しかったよ〜、どうもありがとう! 次は東京で会おうぜい。

■今日の「ごちそうさま」
Kちゃんのお土産、出町ふたばの豆餅!

0 件のコメント:

コメントを投稿