2014/05/19

悪夢による疲弊

朝4時半に起きたけど、熟睡感はなく。眠りが浅い。よって頭痛。ホテルは無料で朝食が付く。パンと飲み物程度だけど、食欲のないアチキにとってはとても助かる。ロールパン1個とオレンジジュース、そして薬を飲んで羽田空港へ向かう。職場のお土産にごまたまごを購入。

家に着いて、出勤まで2時間くらい眠れそう。上司にメールしたら「よかったら、今日休みませんか?」と返事が来た。アチキの仕事のスケジュールをみんなでずらしてくれたらしい。でも、迷惑かけてるので「いや、出ます」「休んで」「出ますってば」「休め!」と堂々めぐり。「本当に大丈夫ですから、今日休んで明日バリバリ働いてください」としんみりとした返事が来て。アチキが折れる。でも、結果休ませてもらって助かった。ズタボロだった。何にもする気が起きなくて。ずっと寝たきり。部屋もめっさ散らかっている。らしくないなぁ。

何故こんなに落ち込んでるのかを考える。ポールだって人間だ、病気にだってなるさ。それは仕方ないことで。それに対してウダウダ言っても始まらないし、病み上がりで無理やり歌われてもちっとも嬉しくないし、心配だ。

やはり経済面でのダメージが大きい。チケット代は戻ってくるけど、航空券やホテル代は戻ってこないワケで。捨て金だ、捨て金。ご存じのとおり、アチキは1年前に福岡に引っ越してきて、そこでかなりの出費。それでも、毎月仕事を頑張って、生活費も節約してやりくりしてほんの少しずつ貯金し始めて。引っ越しで出てったお金を取り戻そうと思ったら、昨年11月の来日。ま、これはかなり前からの発表だったし、格安航空券を押さえることができたし。それでも痛いっちゃ痛い。

まさか半年後に来日するなんて思わないし。しかも急な武道館の発表。本当に悩んだ、悩んだ、悩んだ。悩んで「何かあった時のためのプチ定期預金」を解約することにした。これからめっさ仕事頑張ろうと思って。ちと無理やりに積立定期を始めた。そうやってどうにかこうにかツアー資金を作ったのだ。

もちろん「行かない」という判断もある。でもね、前に書いたと思うけど「お金ないから」「仕事休めないから」ってアチキにとっては理由にならないのだ。行けなかったことを後悔する自分がイヤだった。お金はあとでも取り戻せる。仕事については、ポールを観るために自ら進んで残業や休日出勤を申し出たり、重い仕事もどんどん引き受けたり。家仕事を増やすために、いろんな人に声をかけたり。食事も自炊中心にしたり。お菓子もガマンしたり。小さなことだけど、いろんなことを積み重ねてきたんだよ(涙)。約10万近くドブに捨てたことになる。「仕方ないや」では済まされない金額なんだよ。こんな思いをしてるのはアチキだけじゃない。地方から飛んだファンはみんな同じ思いしてるよ(涙)。

国立のチケットは元上司のMさんに取ってもらったもので。Mさんも心配して電話をくれた。「観にいく人のための公演中止保険とかあるといいのにね」と言った。確かにそうだ。そういう保険があると助かる。全額とはいわないけど、せめて半額でも戻ってくるとありがたい。保険会社の方々、検討してくれないだろうか? これも一種の事故だよ(涙)。

-----

そして本当に開催されるかどうかわからない武道館ライブ。明日の夜の便で発つので、モヤモヤしたまま荷造りをする。もう信じられないんだよ、2回も騙されてるから。

0 件のコメント:

コメントを投稿