2014/09/28

まだ子猫なのに

今回帰省した理由。お彼岸にお墓参りできなかったから。なので、今日お墓参りいったのよ。うちのお墓は某霊園にあって。管理人さんは日曜だからか、お休みのようで。水桶に水を入れようとして水道に向かったら、子猫の死骸があって驚いた。最初、寝てるのかと思った。毛もふさふさで死んで間もない感じだった。どうしたらいいかわからず、とりあえず先にお墓参りを済ませようと。

そして再び子猫の死骸の場所へ。車に轢かれた猫の死骸は何度か見たことあるけれど、こんなきれいな死骸を見るのは初めてだった。「この子は何故ここで死んでるんだろう?」と考え始める。ここからはアチキの推測。じっと死骸を見ていたら、首に真一文字に切られた傷があってパックリ割れていた。多分、この傷が死因。その傷からして自然に切れたんじゃない、人間に切られたんだと思った。そして、ずっと違和感があって、ハッと気づく。傷があるのに、血の跡がない。この子猫は首を切られ、死んだ後にここに運ばれたんだと。だからアチキは最初「寝ている」と思ったのだ。

そう気づいた瞬間、怒りがこみあげる。何でこんなことをするんだろう。アチキは動物は苦手だけど、こういう脳みそは理解できない。殺して罪悪感を感じたからか、墓地に死骸を置いたのか。おかしいよ、世の中狂ってる。

佐世保で起きた女子高生殺人事件の犯人は猫を殺してたらしい。佐世保にはその犯人以外にもこうやって猫を殺す人間がいるって証拠だよ(涙)。

明日、多分管理人さんが来て届けるとは思うんだけど、一応保健所に連絡しようと思う。そのままにしておくのが切なかったので、ハンカチをかけてあげた。ありえんわ、本当に(怒)。

0 件のコメント:

コメントを投稿