2014/12/26

ガガーリンとシュトーレン

今日は仕事納めの日。大掃除が終わっても、アチキのいる部署は仕事山盛りなので、普通に仕事。そしてお外でランチ>コチラ。他の部署の方々が「よいお年を~」なんて挨拶に来てくれる。でも、こちらは明日が仕事納め。でも、実際には納まらない(涙)。年明けて、1月中旬までが超繁忙期。なので、年明けしょっぱな大残業確定。上手いこと、キリよく仕事が終わり(といってもその時点で残業2時間半)、なんとなく映画情報をチェック。すると、観たいヤツの最終上映回に間に合いそう。ちょうど1,000円券も持ってるし!ということで、突然「ガガーリン 世界を変えた108分」を観に、猛ダッシュ。

てっきりアメリカあたりが作ったのかと思いきや、オールロシア。いや、もちろんロシア(当時、ソ連ね)のお話なので、ロシア人キャストで制作されるのが普通なんだけど、ほら、アメリカってそういうのやりたがるじゃない?ロシアの話なのに、英語でやっちゃったりとか。でも、この映画はオールロシア語。久々にロシア語の音が聞きたくて、という気持ちもアリ。

元々宇宙モノには興味がない。なので、ガガーリンといっても「地球は青かった」という発言くらいしか知らず。でも、その発言も実は違っていた、なんてことも知り。宇宙うんぬんというよりも、ガガーリンの人となりを中心に描いた内容で、これがまた非常に良かった。でも、この宇宙飛行で、ガガーリンの人生が様変わりしてしまったこと、悲しい最期だったこと。いろんなことを知らされて、良い映画だったけど切なくなった映画でもある。もう一度観たい気分。

■今日の「ごちそうさま」
毎年クリスマスにはどこかのシュトーレンを買うんだけど、今年は忙しかったこともあって、ゆっくり探すヒマがなくて。すると、Iさんが手作りのシュトーレンを送ってくれたのだ。アチキのシュトーレン好きを覚えててくれたのだ(涙)。本当は昨日のクリスマスに届いていたんだけど、仕事で遅くなって不在配達の伝票がペラリ。今日さっそく郵便局に引き取りに行ってきた。さっそく食後のオヤツに薄くカットしていただく。美味い!超美味い!何で、こんな美味いモノを家庭のキッチンでできちゃうんだろう。すごい。どうもありがとう♪>Iさん。大事に食べよう。クッキーもありがとう!

0 件のコメント:

コメントを投稿