2014/12/30

焼肉パーティーと暴れるくん・その後

また昼までぐっすり。眠れる幸せ。お昼ゴハン食べて、友だちの会社で仕事。年末のせいか、超忙しくて。アチキも他の作業をお手伝い。慣れない作業なのでオタオタしてしまうんだけど、それが顔や態度に出ないのが難点。なので、任されてしまって心臓バクバク。泣きたかった、ぐすん(涙)。

でもどうにか済ませて、忘年会の会場・焼肉屋へ。Sちゃんファミリー(ダンナSちゃん・ヨメA美・息子Kくん)と東京から帰省してきたTちと5人でワイワイ。小学2年生のKくんに肉を焼かせるオトナたち(爆)。このメンバーで毎年忘年会やるんだけど、だいたいA美・Tち・アチキ(高校時代からのツレ)がずーっとしゃべってるパターン。Kくんはともかく、Sちゃんはつまんないんじゃないか?って一瞬心配になるんだけど、楽しそうにしてる(勝手な思い込みか?)ので、心配するのは止める。そんな焼肉、Sちゃんのオゴリ。いやいや、申し訳ない。

-----

さて、昨日の暴れるくんには続きがあって。「今度いつ来られる?」とメールがしつこく。「年末年始はもう予定が入ってて行けません。住所録はよかったらご自分でプリントしてみてください。設定は済ませてあるんで、印刷ボタン押すだけですから」と無謀な突き放し作戦。絶対できないことはわかってるんだけどね。少しでも自分でやってみようと思ってほしいんだよ。逆に「印刷ボタンってどこにあるの?」という質問メールが来ることを願う。

ただ、別件で頼まれたマニュアルで。アチキに渡したマニュアルで修正したいところがあるからR子さんのパソコンで作業して欲しいだと。何が何でも家に呼ぶ気だな。「5枚程度ですが、文字入力と体裁揃えないといけないので2〜3時間はかかります。年末年始はもうそういう時間作ることできません。なので、マニュアルは私のパソコンで作ってきます。それをCDに入れて送ります。修正はR子さんの方でやってもらえますか?」とまた無謀な突き放し作戦。

さすがに、R子さんもアチキの怒りに気づいたのか。急にヒヨヒヨしてきた。「わかった。でも、多分マニュアルを修正するのはできないと思う。なおちゃんが次帰省する時でいいから、寄ってくれない?お願いします。時間のある時でいいから。ごめんね、無理言って」と謝ってきた。

「まだ次の帰省日は決まってないので、決まってから連絡します。ただ、それまでに有線でプリントできるかどうかテストしておいてください。もしくは家電量販店に連絡して無線の設定をお願いしてください」と顔文字ナシの業務的な文章で返す。

地元に帰ってくるとこの手の怒りが勃発するなぁ。ま、自分がいけないんだけど。ってか、その代わりといっては何だけど少々お高めに料金を請求する、次回依頼が来ないように。

0 件のコメント:

コメントを投稿