2015/03/27

武道館行きを決断するまで


事件は19日深夜(日付は20日)起きた。最初に知ったのは、Twitterのタイムライン。その前から噂はあって、みんな「いつ来るか?」と戦々恐々としている雰囲気が読み取れた。本当に開催されるのか、セットリストは他の会場と同じなのか、金額は前回と同じなのか。いろんな不安がみんなの脳みそを支配していた。19日深夜までは「みんな、大変だなぁ…」と蚊帳の外から眺めていたアチキ。

正式発表された瞬間、メールがいろんな方向から届き。「武道館決まったよ、どうするの?」という内容が続々。行かないつもりだった。でも、友だち軍団の背中押しが尋常じゃなかった。Kちゃんから「まだ起きてるか?電話していい?」とメールが来た。「うん、いいよ」と返事をしたら、すぐかかってきた。Kちゃんは同い年の男子で、20代前半くらいからのつき合い。

K「どうするんだ、お前」
ア「わかんない。行かないと思うけど」
K「5月の件がひっかかっているのはわかる。だから、東京ドームについては何にも言わない。でも、武道館は意味が違うだろ?」
ア「ま、確かにね…」
K「お前は観るべき人間だと思うよ」

何故、Kちゃんは説得してるんだろう?と不思議だった。

K「武道館って、ある意味俺らの人生変えた理由のひとつだろ?」

このKちゃんのこの言葉にココロ揺さぶられるアチキ。ビートルズファンになった1980年にはとっくにビートルズは解散していたし、そして12月にはジョンが亡くなってしまった。武道館で他のバンドのライブを観た時に「ああ、ここでビートルズやったんだよなぁ」としみじみ館内を眺めていた。アチキの"I'm Down"好きは武道館のライブがキッカケだったし。もちろんファンになった理由は違うけど、Kちゃんの「人生変えた」という言葉にミョーに納得。「とにかく行く気になったら連絡しろ、チケットはどうにかしてやるから」と言って、Kちゃんは電話を切った。

他の友だち軍団からも「一緒にチケット取るよ、一緒に観よう。なおちゃんに観て欲しいから」「整理券が余分に取れそうだから、その分をまわそうか?」というメールをいただき。東京ドームの時はアチキが「行かない宣言」をしてたからか、強い押しはなかったんだけど、やっぱりみんなにとっても武道館は別格なんだね。ま、正直言うと、リンゴが先に武道館でライブやってんだけどね(爆)。

仲良しのYくんからは「行ったほうがいいと思いますよ。ジョンと一緒に歌った人がジョンのいたステージで、ジョンと作った歌歌うんですよ」とiMessage。ううう、ジョンネタで攻めてくるあたりスゴい(爆)。

親も5月の件はちょっと気にしてたらしく。「今度は行かんと?」と聞かれ。面倒くさいんで「お金ないけん、行かん」と答えたら「行きたいんやったらお金貸すばい」とまで言われ。何なんだ、アチキの周囲。

そう言われても、やっぱり決められなくて。別でやり取りしていたPさんも武道館に行くかどうか悩んでいた。東京ドームも1日しか観ないらしく「本当にファンなのかなぁ」と少々冷めた様子。しばらくして、そんなPさんが「A席あたりで観ようかな」と言ってきた。ファンクラブの抽選に申し込もうとしていた。なんとなく「ひとりで申し込むの?」と聞いたら「ひとりで申し込む。一緒に行く?」と返ってきた。

ふと考える。ここで一緒に申し込んでもらって。例えば当たって、もし行かないという決断をしても元々Pさんはひとりで行く気だったし、行かないという判断をしてもきっとPさんはアチキを責めないと思うし。そのヘンは長年のつき合いやら昨年の消沈ぶりで理解してくれるだろうと勝手な思い込み(すまんの>Pさん)。もちろんチケットは代わりに行ってくれる人を探すし。

なので「一緒に取ってくれ」とお願いした。ハズれたらハズれたであきらめがつくし。自分で率先して取る気が起きないので、こういう便乗作戦しかないしさ。すると、ファンクラブの抽選はハズレ。しかし、チケットぴあの抽選で当たってしまった。おわわ。

もう腹くくるしかない。死ぬ時に「ああ、あの時の武道館行っておけばよかったなぁ」と後悔しないように。本当に今度は頼むよ、マジで!>ポール。

友だち軍団に「武道館行くよ」とメール。すると、みんな喜んでくれていて。中には「モヤモヤが一気に晴れた!一緒に楽しもう!」という内容もあって。ああ、そういう思いさせてたんだなぁと心苦しくなった。武道館で会おうぜ!>みんな。

0 件のコメント:

コメントを投稿