2015/04/22

佐世保体質

もうすぐ福岡に住んで2年近くも経つというのに。生活の拠点は佐世保に置いてるというか。例えば、クリーニングもまだ実家の近所に出してるし。病院は職場指定で健康診断を受ける病院で糖尿病の検査を受けてるけど、眼科・皮膚科はやっぱり佐世保。コンタクトレンズ買うのも佐世保。洋服は前から福岡で時々買ってたんで大丈夫だけど、下着関係は佐世保。メガネを作り直そうと思ってるんだけど、佐世保で買いなれた店があるし。ま、最低でも月に一度は帰ってるから困りはしないんだけど。

それでもいつか困る日はやってくる。腕時計の電池が止まったのだ。佐世保に安くで交換してくれるお店があって。GWに帰省した時に交換しようと思ったけど、それまで腕時計ナシの生活は不便。職場の近所に何軒かあるけど佐世保の店よりかなり高い。そのヘンでケチるのもなかなかの主婦根性だけど。すると職場の帰り道に「時計電池交換 500円」という魅力的な看板を見つけて。勇気出して行ってみた。時計屋さんと思いきや、何だか不思議な古物商的な店で。ワケのわからないモノがたくさん売っている…。お店の人におそるおそる「時計の電池交換お願いできますか?」と声をかける。「はいはい、どうぞ~。すぐ終わるからちょっと待っててね」とあっさり。そして、無事にアチキの腕時計は動き出した。ああ、よかった。とりあえず時計の電池が切れたらこの店に来よう。

実はもうひとつ問題が。歯医者である。最近はご無沙汰してるけど、やっぱり佐世保の歯医者に行くつもりでいる。だがしかし、最近じわじわ痛くて。さすがに歯医者は福岡で見つけないといかんだろう…。すると、佐世保の友だちが月に一度福岡の歯医者に通ってることを知り。歯医者のパンフレットをもらう。ああ、でもやっぱり佐世保の歯医者がいいなぁ。どうしよう(悩)。

これを機に勇気出して歯医者行って。クリーニング屋さんも見つけて(目星だけは数軒付けている)。いつまでも佐世保に頼っちゃいかん(なんだそれ)。

-----

ようやくポール武道館に向けて始動。有休届を提出。部署のみんなにも休むことを告げて(同僚のUさんだけ事情を知っている)。すると「あっ!もしかして、その休みって!」と部署内で大騒ぎ。一気にバレた(爆)。「昨日、テレビで見たよ。行かんとかなぁって心配しとったよ」と嘱託社員のYさん。昨年は本当にみんなに迷惑かけたもんなぁ。ああ、ココロ痛い。

0 件のコメント:

コメントを投稿