2015/04/29

いつもの行動

朝起きたらカラダ中が痛い。全身筋肉痛。そんなに暴れてたか?(笑) お疲れちゃん>アチキ。今日は午前中映画を観ようと思っていた。でも、急遽変更。昨日武道館の入口で見かけた看板が気になって>「JFK-その生涯と遺産展」@国立公文書館。調べたら5月10日までっていうじゃない。この手が福岡まで来ることはないだろうし、観ようと思っていた映画はKBCシネマで上映が決まっている。昨日ポールで、今日は別のジョンに会いに行く(笑)。


JFKの生い立ち、大統領選、政権時、暗殺、そして日本との関わりという5つのカテゴリーに分かれていて、当時の貴重な資料も満載。キューバ危機時の殴り書きメモなんて、なかなか見られるもんじゃないだろう。フルシチョフとのツーショット見て、ニヤニヤしてしまったダメなアチキ。

いつも思うのだが。キューバ危機時のJFKの年齢が45歳。当時司法長官だった弟のボビーなんて36歳。そんな年齢であれを乗り切った(もちろん2人だけではないけれど)ことは、じじい政治家だらけの日本で過ごしているからか、本当に信じられないというか何というか。こういう首相が現れる日が来るんだろうか…>日本。

JFKの演説で有名なやつのひとつに「Ich bin ein Berliner」(私はベルリン市民です)ってのがある。東西ベルリンがゴチャゴチャしてた時期。その演説時の原稿があって、その言葉は元々用意されていたものではなく、JFKが手書きで追加したものだった。カッコいいことやるなぁ>JFK。これでベルリン市民の人気大爆発。広場や通りの名前にも付けられた記憶が>JFK。

すごくよい展覧会だったんだけど、人が多くてゆっくり見られなかった。年配の方が多かったので、当時の人気ぶりを知ってて懐かしい気持ちで来ているのかしら?と勝手に妄想。ショップでは図録が売られてて。パラパラっと見たら、展示の内容が網羅されている。なんと800円とお買い得。さすが国立。即購入。

そして、東京駅地下のグランスタへ。気になっていた「神戸牛のミートパイ」を購入。祝日で混んでるかと思ったら空いててラッキー。さっそく購入。食べてみたら美味い! でも、ウチの近所のミートパイの方が安くて美味い(笑)。食べ慣れてるせいもあるんだろうね。

宿で荷物をピックアップして、SちゃんとOさんと待ち合わせしている甘味屋さんへ。3人でわいわいおしゃべり。急な声かけだったのに集まってくれて嬉しかった。「午前中、JFK展に行ってね。ポールグッズは買わなかったのに、JFKグッズ買っちゃった」と図録の説明をしたら「なおちゃん、それはグッズじゃなくて資料でしょ」と冷静なツッコミ(笑)。確かにそうだ。

楽しいおしゃべり時間も過ぎ。今度は築地方面へ移動。ちょうど大阪のAちゃんが仕事で東京入りしてるんで、チラッとお茶しようということになり。普段は電話で話してるんだけど、やっぱり顔見て話した方が安心する。仕事大変そうなのでちと心配。今度大阪行くからね。

Aちゃんと別れ、羽田空港へ。帰りはさすがに成田まで行くのが億劫なので、ちょっと贅沢してしまった。でも、予算内におさまるように早割で航空券予約。今回は旅費をドブに捨てずに済んだ。ああ、よかった。

■今日の「ごちそうさま」
Sちゃんにもらった「東京ばな奈 メープルバナナ味」

0 件のコメント:

コメントを投稿