2015/06/15

な、何なんだ?>ペンタトニックス

今日も慣れない仕事でアタフタ。そして、時間制限のある仕事ばかりでぐったり。ずーっと眉間にシワだったらしく>アチキ。Iさんが心配してお菓子くれた。子どもかよ(爆)。それでも何とか仕事を終わらせて、もうすぐなくなっちゃうZepp Fukuokaへダッシュ。今日はペンタトニックスのライブなのだ、なのだ、なのだ。若いファンばかりかと思ったら、昔の曲をカバーしたりしてるからか、結構老若男女集合でちと安心。開演ギリギリに着いたし、スタンディングなんで後ろの方でぼんやり見るかと思ったけど、たまたま背の高い人が多く、一緒に行ったUさんも小柄だし。こりゃ見えないなぁ、と思って少し前の方にスルスルと移動。ちょうど1段低いところにイイ場所を発見。端っこだけど、ちょうど見やすく。「ここでいいね?」とUさんに確認。



シンプルなステージ。バンドいないのか?と思ったら、そうか、彼らはアカペラグループだったなと気づく。You Tubeでしか映像を見てなかったんだけど、生声はスゴい。久々にライブで鳥肌が立った。これがまた20代の若者たちだと思うと、アメリカすげーと思ってしまうワケで。度胆抜かれたのはビートパーカッションのケヴィン。彼だけソロコーナーがあって、チェロを弾きながらボイスパーカッションやっちゃう。ま、この姿をYou Tubeで見て、メンバーがグループに誘ったんだけどね。これ聞いたら、そりゃ誘いたくもなるわな。

途中、彼らがステージから下がり。「何だろう?」と思ったら、客席のドアが開き、彼らが出てきて。スタンディングの客席だよ。しかもアチキ1番端っこにいたので、確実にアチキの横を通る。スマホ撮影OKだったし、何度も撮ってるのに、この時だけ撮り忘れ。アホや、アホすぎる(涙)。しかも、横を通るのではなく、アチキの目の前で方向転換をして客席にどんどん入っていく。なので、メンバー全員と握手&ハイタッチしたよ。うおおおーん。こういうの久しぶり~。

Uさんが興奮状態。「なおさん、何でこの場所に来たんですか?もしかして予感がしたとか?」と聞いてきて。いや、それはたまたま偶然だろうと思うんだけど、アチキ、割と会いたいと思った人とは会えてる運命で。多分そのヘンの引きは強いんだろうなぁとなんとなく感じてはいるけど、今回のはたまたまだろ(爆)。そういえば、足元にキミョーな矢印があって「これ、何だろう?」と思ってたんだけど、メンバーが客席に入っていく印だったんだなとあとで気づいた。


アンコールではマイクを外してのクリスマスソング。これまた感動。最後に、彼らを一気に有名にしたダフトパンクのメドレー。生で聴く方がスゴい。彼らが年取ったら、どんなグループになるんだろう? オーケストラと一緒に、とか。いろんなジャンルで活躍できそうな気がする。ただ、ボーカルのミッチ(アチキのイチオシ)が異常に痩せてたので、ちと心配。

0 件のコメント:

コメントを投稿