2016/01/18

スマスマ、生放送。


スマスマで生放送。5人が心境を語るらしい、そして今後のこと。始まる前に、16日の朝日新聞「be」に載った中居くんの記事を読んだ。取材日は昨年12月23日と文末にあった。大変な時にこういう仕事をこなしていた中居くん。木村くんも京都で映画の撮影をしていた。

アチキは解散を覚悟していた。でも、その解散は回避できたような感じ。まずは「よかった」。でも、彼らの苦悩の表情は胸が痛かった。ただ、こういう結果になって思ったのは、5人とも「解散すること」は望んでなかったということ。独立しても、木村くんがジャニーズに残っても、SMAPでやっていこうとしてたってことだよね。誰かが「辞めたい」「抜けたい」と言ったワケではなかったってこと。それだけでいいや、って思った。大変な道を選んでしまったのかもしれないけど、それでも5人でやってくことを選んだってことだよね。

根元にあるのは「愛」だったのだと。長年支えてくれたマネージャーへの愛、マネージャーの5人に対する愛、残留する木村くんの4人に対する愛。いろいろ考えてたら、いろんな人がSMAPを愛していた。だから多分、謝りに来た4人に対して事務所側も受け入れてくれたんだろう。だって、捨てることなんて簡単。「お前らが辞めるっていったんだろ、知るか」ってね。

それとね、自分がファンだから言うワケじゃないけど。ジャニーズ事務所がすごく悪者になってるのも少し悲しい。ジャニーズのグループ全般に言えるんだけど、コンサートは基本、学校の休み(夏・冬・春)や土日を中心に組まれるし。グッズだって、ピンキリでいろいろあるけど、小学生のおこづかいでも買えるグッズもある。ウチワなんてずっと500円のまんまだよ。といっても、アチキはファンクラブには入ってないし、CDも買ったことないし、とってもファンだとは言えないんだけど、彼らの出る番組は録画して見てるし、スマスマなんて初回からすべて見てるしね。

ただ「SMAPのニュースばかりでげんなり。もっとやるべきニュースがあるだろ!」と怒ってる人もいる。その方々にわかってほしいのは、彼らが解散することでどれだけの経済効果があるか。彼らの曲を聴いて励まされた人たちがどれだけ多いか。東日本大震災で彼らは個々でかなりの金額を寄付していることとか。どこもやらなくなった東日本大震災の寄付募集をスマスマではずっと放送し続けてること、しかもちゃんと撮り直していること。木村くんのドラマを見て、自分の職業を決めた人たちがいること。彼らの25年はたくさんの人に影響を与えてきた25年なのだ。だから「国民的アイドル」なんて呼ばれるようになった。そんな彼らが「SMAPじゃなくなるかもしれない」というのは大事件なのだよ(涙)。本人たちが望んだ解散だったら、それはしょうがない。でも、今回はちょっと違った。もっとやるべきニュースがあるのはすごくわかるけど、SMAPのことも「やるべきニュース」なのだよ。

これからもっと大変かもしれない。でも、5人で進んでくと決めたんだから、踏ん張って欲しい。そして、早くあの苦悩の表情がなくなるように、いつもの笑顔に戻れるように祈ろう。

-----

先月に引き続き、ラブリーEちゃんとランチ。いろいろ話してると、共通項が出てきた。Eちゃんはドイツに行ってみたいらしい。「おお、何度も行ったことがあるよ~」と言うと「なおさん、もっと話したいなぁ。いろいろ聞きたい」と言ってくれて。今度は夜ゴハンでも誘ってみようかなぁ。うひゅひゅひゅ(バカ)。

0 件のコメント:

コメントを投稿