2016/04/08

A View From The Bridge

仕事帰りに映画館へ。「ナショナル・シアター・ライブ」ってご存じ? ま、リンク先を見てもらえばすぐわかるんだけど、イギリスで上演されている演劇を映像化して字幕付きで上映してくれるというありがたいシステム。ところが、アチキ。英語難民なこともあって、歌って踊るミュージカルは何とか楽しめるけど、演劇となると「ハテ?」なのでニューヨークに行ってもなかなか手が出せない。

一度、このナショナル・シアター・ライブ試してみたくて。好きな俳優が出ている作品だったら、少しは楽しめるかも…なんて思って。ようやく決意してマーク・ストロング主演「橋からの眺め」を観ることに。ただ、演劇って独特な世界だし、ある程度ストーリーをチェックしておこうと思って、見つけたのがマークファンの方の観劇レポ(これまた素晴らしい、愛あるレポ)。ネタバレしてるけど構わないさ。すると、何ともドロドロした内容でちとビビリング。受け止められるんだろうか(謎)。

なんて不安は一気に吹っ飛び。ドロドロしてる中でもコメディ的なシーンもあり。ただただ、エディ役のマーク・ストロングが狂っている。すごくすごく面白かった。これ、実際に生の舞台観たいなぁとまで思ってしまったよ、このアチキが。素晴らしいシステムなんだけど、残念なのが少々チケットお高め。ま、海外で演劇観るよりは全然安いんだけど、映画という感覚だとね。あと、上映期間が短いことと上映館が少ない。演劇の前に、演出の方の説明も流れるし、メイキング映像もあったり。「橋からの眺め」はたった1週間の上映。もったいないなぁ。

岡田有希子さんの事件から30年(ブログ報知)
4月8日はジュリアン・レノンの誕生日。もちろん覚えているけど、アチキは岡田有希子ちゃんの命日だってことも覚えている。もう亡くなって30年なのか…。弟が当時大ファンだったので、シングル曲は多分1番くらいは歌詞を覚えている。アチキは自殺はいけないって思うけど、自殺するほど思い悩む状態になったことがないのだと気づく。だから「自殺はいけない」って叫べないんだよね。切ない、本当に切ない。

0 件のコメント:

コメントを投稿