2016/05/11

機内で観た映画

ちゃんと起きて、ちゃんと仕事に行ったよ。職場では海外逃亡したことをあまり言ってなくて(上司とリーダーには伝え済み)。お土産のお菓子を配って、驚かれる。「えっ、パリに行ったのにモンサンミッシェルベルサイユ宮殿も行ってないんですか?」と聞かれ。やっぱりその2つは必須なのか>パリ。まったく興味ないんだよなぁ。ノルマンディーよかったけどなぁ。

相変わらず定時ダッシュ。帰りにスーパーでキャベツと鶏むね肉買って、いつもの日常。帰ってキャベツの千切り食べて、いつもの日常。録画していた番組を見る、いつもの日常。楽しかったなぁ、パリもベルリンも。写真を整理しながら泣きそうになる。ぐすん、仕事頑張ろう。

-----

今回、機内で新作映画を3本観たので、一応リストにカウントしようかと。1本めは「レヴェナント:蘇えりし者」。普段であればあまり観ないジャンルなんだけど、レオがオスカーを取った理由を知りたくて観てみた。いやいや、レオの気迫がすごい。生きようとするパワーがすごい。エディ・レッドメインが負けるのは仕方ない。

2本めは「COLONIA」。日本では9月に公開予定。アチキはダニエル・ブリュールが出るっていうんでかなり前からチェックしてたんでね。ナチス残党がチリで作ったコミューン、コロニア・ディグニダの話。実在したコミューンなのだよ。反政府運動に参加していた恋人・ダニエル(ダニエル・ブリュール)が連れ去られ、それを救いにコロニア・ディグニダに潜入するレナ(エマ・ワトソン)。残念ながら日本語字幕がなかったんだけど、絵だけで通じる。実はつい最近、このコロニア・ディグニダに関する文書が公開されて>コチラ。これからどんどん事実が明るみに出るんだと思う。アチキはハリーポッターシリーズを観たことがないので、エマ・ワトソン初見。これ、かなりの体当たり演技じゃないかと。いい女優さんだ。9月になったらもう一度字幕付きで観よう。

3本めは「Legend」。日本では来月公開。こちらも日本語字幕なし。「キングスマン」のタロン・エガートンが端役で出てるので、それを確認するためだけに観たけど、トム・ハーディに見入ってしまった。今までトム・ハーディ出演の映画数本観たけど(1本めの「レヴェンナント」ではレオの敵役)、このトム・ハーディが1番好きかも。ステキだわ~。映画自体はちょっとグロいとこもあったりして、なかなかツラいけど。観に行くの迷ってたけど、来月日本語字幕で観に行こう。ってか、もう一度トムハが観たい(照)。

「日本公開前なのに、どうして上映してるの?」と思われた方。アチキが乗った飛行機はルフトハンザ航空。つまりドイツではすでに公開済みなのね。海外の航空機に乗ると、こういう楽しみがあるのだよ。「COLONIA」は本当に楽しみにしていたのでラッキー。

0 件のコメント:

コメントを投稿