2016/06/20

エア荷物

今日は20:00-21:00指定で荷物が届くので急いで帰ってチャチャッとゴハン済ませる。この湿気でどうも体調が悪く。キャベツの千切りとサンドイッチ。若い頃に1年くらい赤坂にあった喫茶店でアルバイトしたことがあって。喫茶店のママが作ってくれる賄いサンドイッチが大好きで。

1)食パンを2枚焼く
2)焼いてる間に小さなオムレツを作る
3)パンが焼けたら、1枚にはバター、1枚にはマヨネーズを薄く塗る
4)そしてオムレツを挟んで、パンを2等分に切ってできあがり

喫茶店を辞めた後も、時々このサンドイッチが食べたくてお店に寄ってた。メニューに載ってないのに「もう特別だからね!」と言って作ってくれるママが大好きだった。その数年後、ママは急逝してしもて。東京在住時の母親的な存在だったので、亡くなった時はすごくショックで数日落ち込んでいたことを思い出す。それから時々こうやってママのサンドイッチを作るようになった。また食べたいなぁ、無理なんだけど(涙)。

で、Amazonから荷物が届く。配達のお兄さんが「箱が一部破損しているんです。荷物に影響ないか、開けて確認してもらえますか?」と荷物を受け取った瞬間、違和感が。

ア「あれ?軽い…」
配「軽い荷物なんじゃないんですか?」
ア「荷物、5kgのお米なんですけど…」
配「えっ…」

兄さんの目の前で箱を開封。緩衝材が少し入っていて、注文用紙が1枚ペラリ。荷物が入ってないのだ。一瞬、配達の兄さんを疑ったけど、その破損してる部分から滑り落ちたとも思えない。「滑り落ちたとしても、落ちたら気づきますし、車の中にお米袋ありませんし」と兄さん。確かにそうだよなぁ…。すぐにAmazonに問い合わせして、再度送ってもらう手配したけど、荷物が入ってないなんて経験初めてで何か可笑しくなってしまって。兄さんもちょっと半笑い。いや、笑いゴトじゃないんだけどね。ということで、お米がないので明日お弁当が作れない。そっちの方がショックだわ(爆)。

0 件のコメント:

コメントを投稿