2016/06/04

どこまでが虐待か

せっかくの休みなのに雨・雨・雨。ぼちぼち部屋を片づけたり。ぼちぼち録画しておいたドラマを見たり。夜は友だちと友だちママとゴハン。今年オープンしたばかりのお店で、地図見たら。あらら、うちから徒歩圏内。ステキなお店で、これまた料理も美味い。どれも美味しかったけど、デザートのガトーショコラがアチキの好きなタイプで泣きそうになった。他の料理も食べてみたいので、また来よう。そんなお料理は「食べメモ」へ。

-----

しつけといって、山中に放り出された子どもが無事で。虐待だとかいろいろ言われてるけど、アチキも子どもの頃、よく外に放り出されていて。しかも鍵をかけられる。でもね、負けず嫌いなのか、子どもでもひとりで生きていくチカラが備わっていたのか、泣いて謝る方法ではなく、近所に「おばちゃん、家から出されたけん、今日泊めて~」とお願いする子どもだった。いや、本当に。なので、うちの近所5軒くらいにはアチキのお茶碗とお箸があったのだよ。

多分、アチキの子どもの頃の体験を話すと虐待だったんだろうなぁと思う。でも、虐待されてたという意識はまったくない。困った時に自分で何とかしようとするチカラは備わったと思う。だからきっと放り出された男の子も強くなると思うよ。負けんなよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿