2016/06/07

自殺したアイドル

1つめの重い仕事終了。はい、次にまた重い仕事~。ごちゃごちゃしすぎていて、整理するのが大変な物件。途中で「キーーーッ!」と思わず声に出してしまったら、隣のHさんがビックリしてて。そりゃそうだわな。黙々とひと言も発せず仕事していた人が急に叫びだすんだもの。はい、これが明後日いっぱいまで続く。本当はこの物件、あまり引き受けたくなかったんだけど、たまーにやってくるご指名物件。前にやってた仕事もご指名物件。ご指名は嬉しいんだけど、重なると地獄。かといってご指名料がもらえるワケでもなく。たまにディレクターがカフェオレおごってくれるくらい(寂)。ちっともありがたくないご指名制度。

そりゃね、若い頃はね、嬉しかったよ。「なおさんにお願いしたい」って言われるのが。今は嬉しくも何ともない。だって、ご指名物件に楽しい仕事はひとつもないしね。来週も新たなご指名物件があって、どうにか断る作戦を考え中。

-----

録画していた「Youは何しに日本へ?」を見る。岡田有希子ちゃんの命日に合わせて日本にやってきたフランス人がいて。今年で亡くなって30年経つのか…と当時のことを振り返る。アチキは当時東京に居て、事件のこともよく覚えている。写真週刊誌にその現場が載ったんだよね。弟が大ファンで、母から「ショックでゴハンも食べない」と電話があったことを覚えている。食いしん坊の実弟がゴハンを食べないなんて…。で、弟に頼まれて、その数日後に現場に花を持ってった。ビルを見上げて「あそこから飛び降りたのか、痛かっただろうなぁ」と泣きそうになった。

アチキも弟の影響で割と曲は知ってて。調べてみると、錚々たる方々が作詞・作曲しているんだとビックリ。そうだそうだ、「くちびるNetwork」は松田聖子作詞/坂本龍一作曲だったなと思い出す。ドラマも録画して見てた>「禁じられたマリコ」。

命日に合わせて現場にやって来たフランス人はファンと交流していた。その中で、泣いている女の子が映って。年齢は19歳。岡田有希子ちゃんが亡くなった時と変わらない年頃。30年経ってもファンは増え続けている。久々に聴きたくなったなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿