2016/08/09

黙とうする意味

昨年の今日。暑い中、長崎市の平和公園にいたなぁとぼんやり思い出す>仕事中。偶然にも甲子園で長崎代表校が闘っている。「試合中に黙とうをしていた」というニュースを聞いて、長崎出身者は多分何とも思わない…ってか、当たり前のことだと思っているので、黙とうしたから偉いだとかそういう特別視はまったくない。

中には「試合中にやらされてかわいそう」と思う人もいるかもしれない。多分だけど、長崎県民って「やらされてる感」は感じてないと思う。子どもの頃から聞いてきた原爆の話、8月9日11時2分という時刻。位置づけとしては「忘れてはならない日」って感じか。逆に他県で過ごすようになって気づく、ああ、この人たちにとっては「忘れてはならない日」ではないんだなぁと。国内でこれだけ温度差があるんだなぁと実感。

かといって、福岡の皆さんに「今日は長崎原爆の日よ!黙とうしなさいよ!」なんて押し付けはしない。ってか、それはカッコ悪いやろ。黙とうとか、祈るとか、強制するもんじゃないし。正直黙とうしたからって、何かがガラッと変わるわけじゃないし。その「忘れてはならない日」を忘れてないよ、大丈夫だよ、という確認のための黙とう…そんな感じに近いかも。

0 件のコメント:

コメントを投稿