2017/04/20

上層部との闘い

A社で仕事して、家に帰ってT社の仕事を片づける。できあがったので、T社に納品。T社の仕事はカタログ校正。前回は98ページだったんでかなり死んだけど、今回のは12ページ。このくらいの量だとありがたい。薄めのカタログ希望(笑)。ただ、再校(2回めの校正ってことね)がポールデンウィークにあたってしまうので、少しずらしてもらえるか問い合わせ中。無理そうだったら他の校正さんにお願いしてくれ、と。

昔だったら、何が何でもアチキがやります!的な気持ちがあったんだけど、最近は割とどうでもよくなってきた。ガシガシ仕事するのをやめたら、頭痛が減った。確実に。ただ、湿度が高い日は勃発するけどね。それは体質上仕方のないことで。

そうそう、給料激安の会社にお断りメールを入れた。時給が希望金額にほど遠いこと、もし御社の仕事を引き受けたら、他社との時給の差を感じ、仕事に支障が出るのではないか?という不安があることなどつらつらと書いた。で、思ったとおり返事は来なかった(笑)。来ないと思ったんだよ、メールのマナーがなってないおじいさんだから。メールの書き方が本当に失礼すぎて笑っちゃうくらいの内容で>今までのやり取り。返事をもらったところで、ムカつく文章だったろうから来なくてよかったわ。

ってか、どこでも感じるけど。人事を決める上層部と現場の差。A社で現場からは「(辞めた後も)時間がある時に手伝って欲しい」と言われたけど、人事側に言わせると「後任が来るから」と。いや、アチキもできればその後任さんが来るのに、のこのこ出勤するのはイヤだよ。じゃなくて、忙しい時に手伝ってと懇願してる現場の声を聞いてやれよ、と思う。ま、人事の声が会社ってもんなんだろうね。とりあえずA社は「後任さんが慣れるまで少し手伝う」ことが決定。ってか、まだその後任さんも決まってないんだけどね。

0 件のコメント:

コメントを投稿