2017/06/25

My George Day

初めて宿の朝食を注文。ユーザーレビューなどであまり評判がよくなかったので、朝食別の部屋を予約していたのだ。別にしてよかった、5ポンドでたったこれだけ?と思うほどのメニュー。だったら、近くのカフェで食べた方がいいわ。ユーザーレビューもたまには役に立つ。

今日はGくんの誕生日。亡くなってちょうど半年が経った。この日にロンドンに居たい、ただそれだけで旅するって…いい加減にしろって感じだよなぁ。ただなぁ、ずーっとロスが続いていたのよ。高校時代からのアイドルなんだもの。いつかこういう日が来るってわかってたけどね。気持ちの整理っつーかね。そんな感じ(なんだそれ)。


Gくんは2つの家があって。昨日行ったハイゲートと、今日行くゴリンという町に。このゴリンでGくんは亡くなったのだ(涙)。ロンドン市内から急行(特急?)電車で1時間ちょっと。パディントン駅でチケットを購入。片道21ポンド。新幹線の感覚か。すると日帰り往復でも21ポンドという表示。日帰りだったら帰りは無料だよ!キャンペーンなのか(んなこたない)。日帰りするので、迷わず日帰り往復を購入。


パディントン駅では「もしかしてGくんファンかしら?」と思う人がチラホラ。前の座席に座った女子2人はフランス語話してる。駅に停車する度にGくん関連のTシャツを着てる人々がどんどん乗り込んでくる。ゴリン駅に着く間際には車内でBGMまで流しちゃって(もちろんGくんの曲)、何だかすごいことになっている。


駅についてGくんの家、ミルコテージまでググルマップに頼ろうかと思ったけど、降りた客のほとんどがGくんファンなので着いていけば間違いなかった。ゴリンは町というか村。静かで素敵な場所。もしかして住民は大スターがここに家を買ったことをあまりよく思ってなかったのでは?なんて心配に。亡くなった当時はマスコミが押し寄せたんだろうし。

でも、ゴリンの町主催でトリビュートライブやチャリティイベントを開いたりと率先してやってくれてたので、町の人にも愛されてたのかもしれないと思うと泣けてきた。そのライブのチケットは完売。当日券が出て、観る気になったら参加しようという軽いスタンスで。

Gくんはファンのことを「Lovelies」と呼んでいた。そんなLoveliesがミルコテージの周囲に溢れていた。みんなが飾ったモノをずーっと見ていく。「名前どうぞ」と急に声かけられ。「George Michael Lovelies」とプリントされたシールを渡され。これに名前を書いて自分のどこかに貼っておけと。見回すとみんな貼っている。

それぞれ追悼の形が違う。みんなでワイワイGくんの曲を歌いながら踊ったり。泣いている人もいた。ひとりで来ている人とぼそぼそ話す。「日本から来た」というとギューッとハグされて泣きそうに(いや、ちょっと泣いた)。


1988年に来日した時に、MTVのスタッフからポジフィルムを分けていただき、当時友だちがA3サイズくらいのパネルにしてくれて。それをずーっと部屋に飾っていた。そのパネルをミルコテージに置いてこようと持ってきた。端っこの方に置いていたら、他のLoveliesから「ステキな写真ね!」と声かけられ。隣にお花を置いてくれて。祭壇っぽくなった。ありがとね(涙)。


テムズ川からもこのミルコテージを見ることができるので、移動してパチリ。ああ、これよくネットで見たなぁと思った景色。しばらくぼんやり。


町主催のライブで当日券があると聞いたんだけど、やっぱり観る気になれなくて。駅へ向かう。途中でランチしようかと思ったけど、どこも混んでいたのでパディントン駅に着いてからランチしようと電車に乗り込む。さよならゴリン。

パディントン駅に着いてランチしようと思ったけど、大きな駅だしね。混んでるんだよなぁ。ってなワケで構内のサンドイッチ屋で購入。チキンサンドイッチなんだけど、ハーブマヨネーズって書いてあって。このマヨネーズが超美味い。スーパーに売ってたら買おう。


地下鉄に乗ってハイゲート駅へ。また15分ほど歩くけど、一度歩いてるから足取り軽やか(なんだそれ)。まずはGくんの家の前で。可愛い女子がすげー泣いてて、思わずもらい泣き。その女子は家族と一緒に来ていて。家族もアチキも一緒にしょんぼり。そして、家の前にゴリンで置いてきたパネルの写真をプリントして写真立てに入れて置いてきた。みんなが置いてる場所に置こうかと思ったけど、きれいにレイアウトされてるんでなんとなく置きづらく。でも、家の前だからきっと明日には処分されちゃうだろうから、記念にパチリ。


そして、昨日行ったGくんスポットに立ち寄り。ここでも曲に合わせて歌って踊ってる人々がいる。シートを敷いて、座って語り合っている人もいる。やっぱりアチキはそういう輪に入りにくくて。そうすると、大抵同じような気持ちの人が話しかけてくる。ぼそぼそと話す(再)。話してたら、やっぱり泣きそうになり。そこでしばらく過ごそうかと思っていたけど、止めて宿に戻ることにした。帰り道、駅までジワジワ涙出てくる。


夜、映画かミュージカルでも観るかと思っていたけど、そんな気持ちになれず。スーパーでお惣菜買って宿に戻る。これでアチキのGくんデイは終了。やっぱりトリビュートライブとか行けない。無理無理。時間が必要。

■今日の教会
ハイゲートの家の近くにあった教会の名前が「St. George」。何なの、この偶然…。

0 件のコメント:

コメントを投稿