2017/08/09

長崎に来たことありますか?

職場で長崎原爆投下時刻を過ごす。軽く目を閉じて黙祷。職場でそんな話にもならない。前に鹿児島の友だちが「原爆が8月に広島と長崎に落とされたのは知ってるけど、詳しい日にちまでは覚えていない」と言ってたことを思い出した。

テレビや新聞で大きく触れていても、結局何か関わりがないと人って覚えないんだなと。

逆の見方をすると。広島・長崎があまりにも突出しすぎなのか?とも考える。「どんなことが起きたのか?」と酷い戦争の話を聞かせるよりも、あえて「話さない、子どもたちの耳に入れない」方がいいのかもしれないなとも考える。「知りたい聞きたい」と思う子どもたちだけでいいんじゃないかとも考える。

だったらね。自分がそうだからってワケじゃないけど、原爆に行き着くまでの流れというか。日本ではこんな戦争が起こり、世界ではこんな戦争が起こり。さまざまな人々の苦悩が繰り返されてきていること。ちゃんと知ろうとすると、物の見方が変わるし、表現はヘンだがとても興味深い。

いつもモヤモヤすることがある。史実に「たられば」は無用で。原爆投下については長崎の前に小倉が候補にあがっていた。そんなんで小倉の人たちが原爆投下時刻に黙祷する様子を見たことがあって。みんな、口々に「最初は小倉に落とされる予定だったから」という。それってどうなん?候補にはあがってたけど、実際に落とされたの長崎でさ。それを黙祷の理由にするのはちょっと違う気がするんだよなぁ…。イヤな物言いだけど、そんな風に言う人たちはどれだけの確率で長崎を訪れたことがあるんだろうか?爆心地のある公園や原爆資料館に足を運んだことがあるんだろうか?アンケート取りたい気持ち。ぎょめんよ>小倉の人たち。こんな歪んだ考え方をする長崎県人もいるのだよ。

-----

派遣先がものすごく忙しく。でも、残業すると心配されるし。Dさんが手伝ってくれて、何とか1時間半の残業で済んだ。ってか、通常ありえないスケジュールで仕事が入ってきてるらしく、上司に吠えていた>Dさん。だから「なおさん、大丈夫?」って何度も聞かれたのか。いやいや、しんどかったよ(涙)。

0 件のコメント:

コメントを投稿