2018/05/23

モヤモヤドイツ

仕事帰りに映画館へ。イエス、レディースデイ。「女は二度決断する」(主役のコメントが始まるよ!)というドイツ映画。久々のドイツ語でワクワク。

ダンナと息子をネオナチカップルに爆弾で殺された女が闘うストーリー。犯人が逮捕されたかと思いきや、証拠不十分で無罪。だったら自分の手で…というわかりやすい内容なんだけど。トルコ移民の問題だとか、人種差別によるテロが起こっている背景がないと「え?何で?」ってな話にもなり。結局ダンナと息子が狙われたワケもぼんやりしてるし、その女が強く「犯人はネオナチよ!」と言い切る根拠もぼんやりしている。

裁判シーンとか検事と弁護士のやりとりとか最高なんだけどね。証人の現れ方も何だかぼんやり。義理親の表情もビミョーで、何だか全体的に構成が雑っていうか。すごくモヤモヤしてしまった。ま、たまにはこんな感想になる時もあるよね(なんだそれ)。

0 件のコメント:

コメントを投稿